OneDriveからの移行

概要

1. Cloudiwayを使ったファイルの移行

OneDriveからの移行は、別のGoogleドライブ、SharePointサイト、OneDrive、Teams(または混合)、Blobストレージのいずれに移行する場合でも簡単なプロセスです。Cloudiwayのファイル移行プラットフォームにより、スムーズかつ迅速なファイル移行が確立されます。

注:Blobストレージから移行する場合のプロセスはほぼ同じです。懸念がある場合は、お問い合わせください。

ファイルの移行は以下の4つのステップで実行されます。

  • コネクタを作成する
  • ユーザーリストをインポートする
  • 前処理を実行する(管理者アクセスとターゲットリソースの作成)
  • 移行する

Cloudiwayではさらに、移行の進行状況を監視できるよう、構成ルールや監視ツールをいくつかご提供しております。このガイドで、必要なすべての手順について最初から最後までご説明いたします。

1.1. セキュリティとパフォーマンス

セキュリティに関する詳細は、こちらの記事をご参照ください。

移行のパフォーマンスに関する詳細は、こちらの記事をご参照ください。

1.2. ライセンス管理

Cloudiwayプラットフォームは自動的にライセンスを割り当てます。 ライセンス管理の詳細については、このページをご覧ください。

1.3. Delta Passes

デルタ移行は、段階的に移行できるCloudiwayの機能です。 変更はデルタパス中に移行されます。 削除は伝播されません。 もっと詳しく知る

1.4. サポート

当社では自社製品のサポートは提供していますが、PowerShellや、GoogleまたはMicrosoftのサーバー管理といった、サードパーティ製品のサポートは提供しておりません。

2. ファイル移行の範囲

2.1. 移行できるアイテム

このページにOneDriveから移行できるもののリストがあります:ファイル移行ツール

2.2. 移行に関する考慮事項

すべてのデータをソースの構造や権限を変更することなく移行できます。ユーザーが権限を持っている場合は、そのユーザーの権限を移行する必要がありますので、マッピングテーブルにリストしてください。

重要:マッピングテーブルは網羅的である必要があります。欠落している電子メールアドレスは変換されず、メールボックスのアクセス許可が失われ、返済不能の電子メールや壊れたカレンダーアイテムが発生します。 Cloudiwayは、以下で説明する[Get List]機能によってソースメールボックスが検出されると、このマッピングテーブルに自動的にデータを入力します。 ただし、マッピングテーブルに自動的にデータが入力されている場合は、メールアドレスが欠落していないことを確認してください。

 

2.3. 対象者

このガイドは、リモートシステムに接続し、さまざまな管理ツールを使用することのできる、経験豊富なシステム管理者を対象としています。

これらの手順を完了するのが困難なのではと不安な方は、当社のコンサルティングチームによるコンサルティングサービス付きソリューションをご検討ください。専門家との相談により、迅速で費用効果が高く、ストレスフリーな移行を確立することができます。

3. 移行前の構成

3.1. 移行開始前

特に移行の場合は、一意のサービスアカウントを作成することをお勧めします。 すべての移行が完了したら、このアカウントを削除するだけです。 アカウントをまだお持ちでない場合は、以下の手順でアカウントを設定できます。

移行アカウント(ソースとターゲットの両方)は、SSO(シングルサインオン)またはMFA(多要素認証)を使用して認証しないようにしてください。
SSO(GoogleおよびOffice 365でネイティブに認証)をバイパスし、MFAをアクティブ化しない移行アカウントを定義する必要があります。

始める前に、以下の表に記載されている内容を確認しておく必要があります。

Name

Description

Location

Cloudiway ログイン

詳細を保存し、すでに使用しているシステム間の通信を提供します

https://portal.cloudiway.com

ヘルプセンター

当社の広範なヘルプセンターには、ビデオ、トラブルシューティングツール、サンプルなどがあり、いつでもアクセスできます。

https://help.cloudiway.com

(OneDrive、SharePoint、Teams、Blobストレージ)

共有ポイント管理者アカウント

これは、SharePointサイトコレクションへのアクセス許可を持つプライマリSharePoint管理者アカウントである必要があります。

 特に移行の場合は、移行アカウントを作成することをお勧めします。 すべての移行が完了したら、このアカウントを削除するだけです。 アカウントをまだお持ちでない場合は、以下の手順でアカウントを設定できます。

マッピングテーブルとユーザーリスト(CSV)

CSV形式のマッピングテーブルとユーザーリストを用意し、後日アップロードできるようにする。

マッピングテーブルは何に使用されますか?

ユーザー/グループのCSVファイルをアップロードする方法は?

4. ファイル移行ユーザーリスト

4.1. コネクタを作成する

Cloudiwayでファイルを移行するためには、ソースドメインとターゲットドメインの両方と通信できる必要があります。これを可能にするのに、Cloudiwayではコネクタを使用します。移行したいソーステナントごと、およびファイルの移行先となるターゲットテナントごとにコネクタを設定する必要があります。このページの手順に従って、コネクタを構成します。

コネクタの作成ガイド

GoogleWorkspaceコネクタの構成

4.2. ユーザーをインポートまたは作成する

移行するすべてのファイルに関連付けられている権限を移行するために、ユーザーのリストをアップロードできます。ユーザーを追加する方法はいくつかあります。これらには以下が含まれます。

  • CSVファイルのアップロード。
  • Cloudiwayの「ユーザーのインポート」ツール(IAMを使用)。
  • シングルユーザーの作成。

いずれの方法でも、各ユーザーにはライセンスタイプを割り当てる必要があります。ライセンスタイプには、トライアル(100 MBに制限)、教育、標準、アーカイブ、またはライセンスなし(ユーザーをマッピングテーブルに追加するために使用しますので、移行開始前に割当が完了する必要があります)といったタイプがあります。Cloudiwayプラットフォームが各ファイルを移行する際には、正しい権限も移行できるよう、ユーザーリスト(マッピングテーブル)をクエリします。したがって、移行開始前にユーザーリストが完成していることが大事です。

オプション1:CSVインポート

全ユーザーのCSVファイルがあれば、そのファイルをCloudiwayにアップロードすることができます。

ユーザー/グループのCSVファイルに入力する方法は?

  1. cloudiway.comのファイル移行領域にいることを確認し、[File]>[User List]に移動しますFiles Migration User List
  2. アクションバーの[MANAGE ]をクリックして、[Import]を選択します

    Files Migration User List Import

  3. 必要に応じて、[Download sample CSV]をクリックして、CSVファイルにユーザーを追加します。
  4. 正しいヘッダーを含む完全なCSVファイルができたら、[BROWSE]ボタンをクリックします。
  5. CSVファイルを自分のファイルシステムから探し出し、選択する。
  6. ソースターゲットのフィールドで適切なコネクタを選択します。File Migration From OneDrive to Google
  7. [UPLOAD]ボタンをクリックします

エラーメッセージが表示された場合は、CSVファイルを確認して、もう一度アップロードしてみてください。

  1. CSVファイル形式が正しくなると、確認メッセージが表示されます。
オプション2: Get List

CloudiwayのGet Listツールは、ソーステナントからユーザーを取得するのに役立ちます。

「MIGRATION」から「Get List」を選択します。Migration Get List

このツールでは、ソースプール(Pool)とターゲットプール(Pool)を入力する必要があります。Get User List

次に指定します:

  • 対象受信者タイプ: 標準、共有メールボックス、または会議室(Rooms)と備品(Equipment)。
  • マッチングルール:
    • メールの完全一致: ソースEメール = タ-ゲットEメール (bob.marley@sourcedomain.com > bob.marley@sourcedomain.com)
    • Eメールプレフィックスをソースと同じに保つ:ドメイン名のみが変更されます (bob.marley@sourcedomain.com > bob.marley@targetdomain.com)
    • LastName (例: bob.marley@targetdomain.com)
    • LastName (例: b.marley@targetdomain.com)
    • FLastName (例: bmarley@targetdomain.com)
    • LastNameF (例: marleyb@targetdomain.com)
  • タ-ゲットドメイン.

次に、新しいユーザーをユーザーリストに追加します。 このタスクの進行状況は、User List:Get List Logで監視できます。

注:このタスクの進行状況は、ユーザーリスト:リストログの取得で監視できます。File Migration Get List Logs

オプション3:シングルユーザー作成の詳細

MANAGE をクリックし、 「Create User を選択します、次の情報を入力します:File Migration Create User

新しいユーザーがユーザーリストに追加されます。 さらにユーザーを追加する場合は、このプロセスを繰り返します。

初めてのお客様の多くが、テスト目的でシングルユーザーを作成されています。これはどのユーザーにも影響を与えることなく移行プロセスを監視する方法です。

シングルユーザー作成の方法は、移行により影響を受けるユーザーが少数しかいない場合にも使えます。これは特に、OneDriveアカウント内の個々のフォルダーに異なる移行場所を指定する場合に便利です。

たとえば、ボブのOneDriveのプロジェクトフォルダーをSharePointサイトに移行し、ボブの他のすべてのファイルをOneDriveに移行する場合は、ボブという追加のユーザーを作成し、先に作成したSharePointコネクタとしてターゲットコネクタを指定します。ボブのソースとターゲットのメールアドレスを追加するのではなく、移行元のOneDriveフォルダー名を付ける際にソースメールフィールドのメールアドレスとターゲットメールフィールドの完全なSharePointリストURLから取って名付けます。

特定のフォルダにファイルを移行する方法

別の場所に移行するには、特定の移行順序を守ることが必要です。これはファイルが間違った場所に移行されるのを防ぐためです。詳細については、お問い合わせください。

4.3. 除外リストExclusion List

移行から別のフォルダーを除外する場合は、フォルダーIDとフォルダパスを入力します。

注:OneDriveからフォルダーを除外するためにフォルダーIDは必要ありません。パスを入力するだけです。

5. ファイル移行のグローバル設定を構成する

[File]メニューの[Global Settings]に移動しますFile Migration Global Settings

次のオプションを有効または無効にします。

  • アクセス許可の移行:さまざまなユーザーと共有されているファイルとフォルダーのアクセス許可を移行します。 デフォルトでは、Migrate PermissionsはONに設定されています。
  • バージョン履歴を移行します。
  • 重複管理(ターゲットがすでに存在し、空でない場合に適用可能):
    • 上書き
    • 無視する
    • コピー

ファイル移行中の重複管理

[Save]をクリックします。

6. ファイルの前処理と移行

6.1. 監査を実行する

File Migration Audit Start

監査はオプションであり、純粋に有益です。 Cloudiwayライセンスを消費します。 ソースドライブにあるファイルとフォルダーの数を確認したい場合を除いて、実行する必要はありません。

 Cloudiwayの監査ツールは、すべてのOneDriveフォルダーとそれぞれの詳細のリストを作成します。

監査結果を使用して、フォルダーを移行するかどうかを決定できます。 その場合は、移行する各フォルダーのドキュメントライブラリを指定できます。

ドキュメントライブラリ内では、フォルダー構造が完全に再作成されます。

 Cloudiwayはファイルを1回だけ移行するため、特定の宛先を持つこれらのフォルダーは、一般的な移行の前に移行する必要があることに注意してください。 したがって、代替ターゲットを持つすべてのフォルダーが優先されます。

  1. [User List] 領域から、監査するユーザーを選択します(リストの上部にあるチェックボックスを使用すればすべてを選択できますので、チェックボックスの使用をお勧めします)。User List Checkboxes
  2. アクションバーから、[MIGRATION]、[Audit]の順にクリックすると、ステータスが[File Audit Scheduled]に変わります。Audit Scheduled
  3. ページを更新してステータスを確認しますAudit Status Error
  4. エラーが発生した場合は、[Error status]ファイルをクリックし、[Logs]をクリックしてエラーメッセージを表示します。 この場合、ライセンスがありません。 営業担当者に連絡するか、プラットフォームでさらにライセンスを購入してから、再試行してください。File migration Logs no license error
  5. 更新については、ページを更新できます。 結果を確認するには、[File Audit Success]ステータスをクリックしてから、[Audit]をクリックします。Audit Results
6.2. 前処理を実行する

Cloudiwayコネクタが設定されたので、前処理タスクを実行できます。 必要に応じて、タスクを複数回実行できます。 OneDriveがソースとターゲットの両方である場合、ターゲット管理者アカウントには有効なSharePointライセンスが必要です。 そうしないと、OneDriveのプロビジョニングを続行できません。 前処理タスク:

  • ソースとターゲットのクレデンシャル(ログインの詳細、アプリID、アプリシークレット、AppRealm)をチェックします。
  • 各OneDriveがターゲットにまだ存在しない場合は、プロビジョニングします。
  • 管理者ユーザーに、ソースとターゲットの各OneDriveにアクセスするためのアクセス許可を付与します。
  1. [User List]領域から、前処理するユーザーを選択します(リストの上部にあるチェックボックスを使用してすべてを選択できます)
  2. アクションバーから、[MIGRATION]、[PreProcessing]の順にクリックすると、ステータスが[FilePreProcessing Scheduled] に変わります。
  3. 更新については、ページを更新できます。ステータスを更新して成功させる必要があります
6.3. 移行をアクティブ化して監視する

これでテナント内とCloudiway内ですべての移行前の手順が実行されましたので、移行の準備が整ったことになります。まずシングルユーザーでテスト移行を実行して、この構成により期待どおりの結果が得られたことをご確認になることをお勧めします。

移行を開始するには、[MIGRATION]に移行するユーザーまたはバッチを選択して、[Start] ボタンをクリックします。バッチがスケジュールされ、リソースが利用可能になると、すぐに開始となります。Start File Migration

Cloudiway移行プラットフォームはデルタパスをサポートしているため、移行は段階的であることを忘れないでください。 移行を再開するたびに、ターゲットにまだコピーされていないアイテム、またはターゲットにコピーされてから変更されたアイテムのみが移行されます。

ダッシュボード、サイドメニューのリンクから移行を監視できます。 デフォルトの画面には、すべてのユーザーのステータス、移行されたファイルの数(FILE SUCCESS)、合計、失敗など、移行の概要が含まれています。File Migration Dashboard

さらに詳しい情報が必要な場合は、ユーザーリスト内の任意のファイルをクリックできます。 編集して、監査結果、ログ、および統計を確認できます。File Migration Statistics

7. トラブルシューティング

Cloudiwayは、一般的なエラーメッセージ、ビデオガイドなど、多くのリソースを備えた広範なヘルプセンターを提供します:https://help.cloudiway.com/

ヘルプセンターには、必要に応じてさらにサポートを依頼する方法に関する情報も含まれています。

この管理ガイドでもヘルプセンターでも回答が見つからなかった場合は、[ヘルプ]メニューからチケットを送信してから[サポート]に送信できます。

 

 

更新日:2022/05/11