GOOGLE WORKPACE MAIL からの移行 (G SUITE から G SUITE へ)

概要

1. Google Workspaceメールボックスを移行する方法(G SuiteからG Suiteに)

Cloudiwayのメール移行ソリューションは、企業がシンプルなSaaSインターフェイスを介して複雑な技術的移行を実行するのに役立ちます。その結果、メールの移行に追加のソフトウェアのインストールやオーバーヘッドが不要になり、移行を安全かつ迅速に実行できます。

Cloudiwayプラットフォームは、すべてのタイプの移行パスをサポートするのに十分な柔軟性を備えています。移行戦略は、ビジネスの設定、種類、規模によって異なります。どちらの移行パスを選択しても、Cloudiwayは、自動アカウントプロビジョニング、ライセンス割り当て、アーカイブ移行、連絡先同期(GALSync)などのすべての重要な機能を提供します。

最も一般的な移行戦略の2つは、カットオーバーと段階的移行です。カットオーバー戦略には、週末にすべてのメールボックスを移行し、月曜日の朝にユーザーが利用できるようにすることが含まれます。このページで説明するように、段階的な戦略は、より柔軟な移行オプションを提供します。

カットオーバーVSステージング:最良の移行戦略

さらに、Cloudiwayは、最も複雑な移行のためのシームレスな移行を可能にする多くのツールを開発しました。補足ツールは次のとおりです。

GALSync (グローバルアドレスリストの同期)。

これらの補足ツールのいずれかについてさらに議論するには、既存のCloudiwayの連絡先に連絡してください。

 

2. セキュリティ

セキュリティに関する詳細は、こちらの記事をご参照ください。

3. パフォーマンス

移行のパフォーマンスに関する詳細は、こちらの記事をご参照ください。

4. Google Mail移行の範囲

4.1. 移行できるアイテム

Google Workspaceテナント間(以前のG SuiteからG Suite)に移行する場合、次のすべてのメール関連アイテムを移行できます。

* メール
* 連絡先
* カレンダー
* 予備カレンダー
* ラベル
* デリゲートアカウント
* 会議室とリソース
* アーカイブ(各メールボックスには1つの個別のアーカイブライセンスが必要です)
* タスク

4.2. 考慮事項

移行は既存のメールボックス間で行われます。つまり、移行時にメールボックスがターゲットに存在している必要があります。移行開始前に、移行するすべてのメールボックスのターゲットメールボックスがターゲットのドメインに作成されていることを確認してください(手順はこのガイドで説明しています)。必要であれば、オプションのIAMモジュールを使用してターゲットをプロビジョニングすることができます。

4.3. 対象者

このガイドは、リモートシステムに接続し、さまざまな管理ツールを使用することのできる、経験豊富なシステム管理者を対象としています。

当社では自社製品のサポートは提供していますが、PowerShellや、GoogleまたはExchangeのサーバー管理といった、サードパーティ製品のサポートは提供しておりません。

これらの手順を完了するのが困難なのではと不安な方は、当社のコンサルティングチームによるコンサルティングサービス付きソリューションをご検討ください。presales@cloudiway.com.からお問い合わせ可能です。専門家との相談により、迅速で費用効果が高く、ストレスフリーな移行を確立することができます。

5. 移行前の構成

5.1. 移行開始前

移行を開始する前に、次のアカウントが必要です。

名前

説明

位置

Cloudiwayログイン

詳細を保存し、すでに使用しているシステム間の通信を提供します。

https://portal.cloudiway.com

ヘルプセンター

トラブルシューティングツールやサンプルなどを備えた、広範なヘルプセンター(ナレッジベース)にいつでもアクセスできます。

https://help.cloudiway.com/

Google API コンソール

APIを有効にし、秘密鍵をダウンロードするために必要です。 これには、Google管理者アカウントからアクセスできます。

https://console.developers.google.com

Google Adminコンソール

管理コンソールは、管理者が組織内のユーザー向けのGoogleサービスを管理する場所です。

https://admin.google.com

5.2. 使い方

この製品は、IMAPおよびGoogle API呼び出しを使用して、ソースを読み取り、ターゲットに書き込みます。

注:すべてのネットワーク操作はTLS1.2を介して実行されます。

5.3. ソースの前提条件
5.3.1. Google IMAP 設定
  1. 管理者アカウントを使用してGoogle管理コンソールにサインインします。
  2. .管理コンソールのホームページから、Apps > Google Workspace > Gmail > End User Accessに移動します
  3. 設定を行いたい組織単位を選択します。全員に対して設定する場合は、最上位のユニットを選択します。または、子組織単位のいずれかを選択します。
  4. POPおよびIMAPアクセスに移動します。
  5. 鉛筆の「edit」アイコンをクリックします。
  6. 「すべてのユーザーに対してIMAPアクセスを有効にする」をチェックします。そして、「任意のメールクライアントを許可する」を選択します。
    POPを有効にしなくても、Cloudiwayツールは動作します。
  7. 設定を保存する。
5.3.2. Googleフィード

移行を実行するには、ソーステナントの権限(Googleフィード)を構成する必要があります。

この記事では、Googleフィードを追加する方法について説明します。

GoogleWorkspaceコネクタの構成

5.4. ターゲットの前提条件
5.4.1. Google IMAP構成
  1. 管理者アカウントを使用して、ターゲットのGoogle管理コンソールにサインインします。
  2. 管理コンソールのホームページから、Apps > Google Workspace > Gmail > End User Accessに移動します。
  3. 設定を構成する組織単位を選択します。 すべての人の設定を構成する場合は、最上位のユニットを選択します。 または、子組織単位の1つを選択します。
  4. POPおよびIMAPアクセスに移動します。
  5. 鉛筆の「編集」アイコンをクリックします。
  6. 「すべてのユーザーに対してIMAPアクセスを有効にする」をチェックします。そして、「任意のメールクライアントを許可する」を選択します。
    POPを有効にしなくても、Cloudiwayツールは動作します。
  7. 設定を保存する。

CloudiwayツールのPOPを有効にする必要はありません。

  1. 設定を保存します。
5.4.2. Googleフィード

移行を実行するには、ターゲットテナントの権限(Googleフィード)を構成する必要があります。

この記事では、Googleフィードを追加する方法について説明します。

 GoogleWorkspaceコネクタの構成

5.4.3. ユーザーメールボックスを作成する

Cloudiwayは、既存のユーザーメールボックス間を移行し、ユーザーメールボックスをプロビジョニングするためのツールを提供しません。 したがって、移行前にユーザーメールボックスを作成する必要があります。 ターゲットのGoogle Workspaceでユーザーアカウントを設定できます。

5.5. マッピングテーブル

移行中、Cloudiwayはマッピングテーブルを使用して、電子メールヘッダー、カレンダーアイテム、およびメールボックスのアクセス許可の電子メールアドレスの変換を実行します。

重要:マッピングテーブルは完全である必要があります。欠落している電子メールアドレスは変換されず、メールボックスのアクセス許可が失われ、返信できない電子メールや壊れたカレンダーアイテムが発生します。 Cloudiwayは、以下で説明するリストの取得機能によってソースメールボックスが検出されると、このマッピングテーブルに自動的にデータを入力します。 ただし、マッピングテーブルに自動的にデータが入力されている場合は、メールアドレスが欠落していないことを確認してください。

6. Cloudiwayプラットフォームを使用してメールを移行します

6.1. G Suite ソースとターゲットコネクタを作成する

Cloudiwayでメールを移行するためには、ソースドメインとターゲットドメインの両方と通信できる必要があります。これを可能にするのに、Cloudiwayではコネクタを使用しています。コネクタはportal.cloudiway.comに構成されています。移行したいソーステナントごと、およびメールの移行先となるターゲットテナントごとにコネクタを構成する必要があります。

コネクタを構成するには、以下の手順に従ってください。

コネクタの作成ガイド

GoogleWorkspaceコネクタの構成

大規模なプロジェクトの場合は、複数のコネクタを作成し、それらを並行して使用することも可能です。 こうした構成を設定する必要がある場合は、Cloudiwayコンサルティングサービスまで お問い合わせ ください。

6.2. 移行のグローバル設定を構成する

これでソースおよびターゲットコネクタを少なくとも1つ設定できましたので、グローバル設定を行う準備が整ったことになります。Cloudiwayプラットフォームを使用すると、これは移行する対象を選択するだけです。

 https://portal.cloudiway.com, のメール領域で、[Global Settings]をクリックします

ほとんどのオプションは自明である。

「メールアドレスの変換」(Convert Email Address”)オプションは、さらに説明が必要です。「メールアドレスを変換する」オプションは、デフォルトでオンになっています(オンのままが最適です)。このオプションを有効にすると、ヘッダーで見つかった電子メールアドレスが書き換えられ、ソース電子メールアドレスが対応するターゲット電子メールアドレスに置き換えられます。この変換には、マッピングテーブルが使用されます。したがって、移行を開始する前に、すべてのユーザーがマッピングテーブルに存在することが重要です。

画面下部の「Save」ボタンをクリックすると、グローバル設定が更新されます。

6.3. ユーザーをインポートまたは作成する

移行したいユーザーを追加する方法はいくつかあります。 これらには以下が含まれます。

  1. CSVファイルのアップロード。
  2. Cloudiwayの「ユーザーのインポート」ツール。
  3. シングルユーザーの作成。

いずれの方法でも、各ユーザーにはライセンスタイプを割り当てる必要があります。ライセンスタイプには、トライアル(100 MBに制限)、教育、標準、アーカイブ、またはライセンスなし(移行計画に関係なくユーザーをマッピングテーブルに追加するために使用)といったタイプがあります。

Cloudiwayにユーザーをインポートしても、ターゲットテナントにユーザーメールボックスは作成されないことに注意してください。 5.4.3. ユーザーメールボックスを作成するを参照してください。 

6.3.1. オプション1:CSVインポート

すべてのユーザーが1つのCSVファイルに含まれている場合は、そのファイルをCloudiwayにアップロードできます。ファイルのヘッダー行には、以下のフィールドが必要です。

FirstName;LastName;SourceEmail;TargetEmail;SourceRecipientType;TargetRecipientType;BatchName

How To Fill The Users/Groups CSV File?

  1. cloudiway.com の Mails Migration エリアにいることを確認し、User List に移動します。
  2. MANAGE」をクリックし、「Import」を選択します
  1. 必要に応じて、[Download sample CSV] をクリックし、サンプルヘッダー(FirstName; LastName; Source Email; Target Email; Source Recipient Type; Target Recipient Type; BatchName)を使用してユーザーをCSVファイルに追加します。
  2. 正しいヘッダーを含む完全なCSVファイルが完成したら、[BROWSE] ボタンをクリックします。
  3. ご自身のファイルシステム内でCSVファイルを見つけ、ダブルクリックして選択します。
  4. [Source]および [Target] フィールドで適切なコネクタを選択します。
  5. [UPLOAD] ボタンをクリックします。
  6. エラーメッセージが表示された場合は、CSVファイルをチェックして、7列あり、各列間に区切り文字が入っていることを確認し、もう一度アップロードを試みてください。
6.3.2 オプション2:「Get List」

CloudiwayのGet Listツールは、ソーステナントからメールボックスを取得するのに役立ちます。 さまざまなセクションに対応する5つのGet Listツールがあります。

  • ユーザーリスト:ユーザーメールボックスのみを検出します。
  • 共有メールボックス:共有メールボックスのみを検出します。 Googleには、Office 365のような共有メールボックスの概念が存在しないため、Office 365共有メールボックスをユーザーメールボックスに移行して、メールボックスのアクセス許可を適用できます。
  • 部屋の設備:リソースメールボックスのみを検出します。
  • 配布リスト:配布リストのみを検出します。
  • アーカイブ:アーカイブメールボックスのみを検出します。 Googleでは、アーカイブメールボックスをユーザーメールボックスに移行する必要があります。

[ユーザーリスト]、[会議室(Rooms)と備品(Equipment)]、または[配布リスト]セクションに移動し、[移行]をクリックして、[Get List]を選択します。

このツールでは、ソースプールとターゲットプールを入力する必要があります。

次に指定します:

  • 対象受信者タイプ: 標準、共有メールボックス、または会議室(Rooms)と備品(Equipment)。
  • マッチングルール:
    • メールの完全一致: ソースEメール = タ-ゲットEメール (bob.marley@sourcedomain.com > bob.marley@sourcedomain.com)
    • Eメールプレフィックスをソースと同じに保つ:ドメイン名のみが変更されます (bob.marley@sourcedomain.com > bob.marley@targetdomain.com)
    • LastName (例: bob.marley@targetdomain.com)
    • LastName (例: b.marley@targetdomain.com)
    • FLastName (例: bmarley@targetdomain.com)
    • LastNameF (例: marleyb@targetdomain.com)
  • タ-ゲットドメイン.

次に、新しいユーザーをユーザーリストに追加します。 このタスクの進行状況は、User List:Get List Logで監視できます。

6.3.3. オプション3:シングルユーザー作成の詳細

初めてのお客様の多くが、テスト目的でシングルユーザーを作成されています。これはどのユーザーにも影響を与えることなく移行プロセスを監視する方法です。

MANAGE をクリックし、「Create Userを選択します、次の情報を入力します。:

各項目の詳細については、こちらの 記事をご覧ください。さらにユーザーを作成したい場合は、この手順を繰り返します。

6.4. リソースを再作成する(プロビジョニングを使用)

Cloudiwayプラットフォームでは、メールの移行を実行するお客様に、リソース作成ツールを無料でご提供しています。会議室(room)と備品(equipment)の再作成には以下の手順を使用します。

同じ [Mail Migration] 領域から、[Global Actions] をクリックします。

「Migration room」セクションで、[START]をクリックします。

プロビジョニングする会議室と備品を含むソースを選択し、[START]をクリックします。

「スケジュール済み」(Scheduled)ステータスが表示され、プロセスが終了すると「完了」(Completed)が表示されます。

[Mail Migration]領域の[User List]サブメニューをクリックし、すべてのリソースがユーザーリストに作成されていることを確認します。

6.5. 移行をアクティブ化して監視する

Cloudiwayは、デルタパスをサポートするインクリメンタル移行プラットフォームです。メールボックスの移行を再開するたびに、ターゲットにまだコピーされていないアイテムのみが移行され、ソースで変更されたすでに移行されたアイテムについては、ターゲットで更新されます。したがって、プラットフォームはターゲット内のアイテムを複製せず、更新するだけです。

移行戦略は通常、少なくとも2つの移行パスで構成されます。1つはカットオーバー前、もう1つはカットオーバー後です。

  • 最初の移行パス:メールボックスの大部分を移行します。メールボックスを選択し、[移行]、[スタート]ボタンの順にクリックします。以下で詳しく説明します。
  • カットオーバー:ドメインをソーステナントから手動で削除し、ターゲットテナントに接続して、DNSサーバーのMXレコードを変更する必要があります。これはCloudiwayによって自動化されていません。
  • 2番目の移行パス、デルタパス:移行されていないものを移行し、変更されたアイテムを更新します。メールボックスを選択し、[移行]、[スタート]ボタンの順にクリックします。以下で詳しく説明します。
  • 3番目の移行パス、デルタパス:カットオーバーの24時間後に、追加のデルタパスを送信して、DNS伝播の遅延が原因で残りの電子メールが残らないようにすることができます。メールボックスを選択し、[移行]、[スタート]ボタンの順にクリックします。以下で詳しく説明します。

割り当てられたライセンスで許可されているGBの量を消費するまで、3か月間、必要な数の移行パスを送信できますが、通常、必要なのはカットオーバー前とカットオーバー後の1つだけです。デルタ移行パスの詳細については、以下をご覧ください。

メール移行中のデルタパス

移行パスが完了するまでにかかる時間は、多くの要因によって異なります。 移行パフォーマンスの詳細については、以下をご覧ください。

Cloudiwayのパフォーマンス

ソースドメインを移動し、もう1つのデルタパスを実行する必要がある場合は、ドメインの切り替えグローバルアクションを使用する必要があります。

ドメインの切り替えグローバルアクション

[バッチ]タブからユーザーバッチを作成して、メールボックスのサブセットを簡単にグループ化できます。 [+]アイコンをクリックして、バッチ名を入力します。

別のバッチを作成したら、[ユーザー]タブで、特定のバッチに割り当てるユーザーを選択し、[バッチ]ボタンをクリックして、[バッチに追加]をクリックします。

 移行を開始するには、移行するユーザーまたはバッチを選択します。

  • ユーザーの場合、[ユーザー]タブで、送信するすべてのユーザーを選択し、[移行]、[スタート]ボタンの順にクリックします。
  • ユーザーバッチの場合は、[バッチ]タブで、送信するユーザーバッチを選択し、[移行]、[開始]ボタンの順にクリックします。

移行はスケジュールされ、クラウドリソースが利用可能になり次第開始されます。

注:長期間にわたってユーザーバッチで移行する場合は、電子メールフォワーダーを有効にすることをお勧めします。

詳細については、次の記事を参照してください。

メールフォワーダーユーザーガイド

7. その他の移行オプション

7.1. メールボックスのアクセス許可の移行

Cloudiwayプラットフォームを介して、メールボックスのメールボックス権限を移行できます。

権限の移行は、メールボックスの移行中には実行されませんが、専用のジョブを介して実行されます。

アクセス許可の移行により、メールボックス、プライマリおよびセカンダリカレンダーのアクセス許可が移行されます。メールが有効なセキュリティグループにアクセス許可が適用された場合、アクセス許可が正しく適用されるには、メールが有効なセキュリティグループが宛先に存在している必要があります。

[ユーザーリスト]をクリックしてユーザーを選択し、[移行]に移動して、[権限の移行]をクリックします

注:権限の移行プロセスを開始すると、停止することはできません。

8. トラブルシューティング

Cloudiwayは、ナレッジベースとも呼ばれる広範なヘルプセンターを提供しており、一般的なエラーメッセージ、ガイド、ダウンロードなど、多くのリソースを提供しています。

ヘルプセンターにアクセスする(キーワードを検索したり、トピックに目を通すことができます)には、こちらをご訪問ください:https://help.cloudiway.com/

また、ヘルプセンターでは、サポートが必要になった場合のサポートの依頼方法に関する情報も含まれています。

 

 

更新日:2022/05/11