Google Driveからの移行

概要

1. Cloudiwayを使ったファイルの移行

Google Driveからの移行は、別のGoogle Driveへの移行であれ、SharePoint またはOneDriveへ(またはこの2つの組み合わせ)の移行であれ、簡単なプロセスで実行できます。Cloudiwayのファイル移行プラットフォームにより、スムーズかつ迅速なファイル移行が確立されます。

ファイルの移行は以下の4つのステップで実行されます。

1. コネクタを作成する

2. ユーザーリストをインポートする

3. 前処理を実行する(管理者アクセスとターゲットリソースの作成)

4. 移行する

Cloudiwayではさらに、移行の進行状況を監視できるよう、構成ルールや監視ツールをいくつかご提供しております。このガイドで、必要なすべての手順について最初から最後までご説明いたします。

2. セキュリティ

セキュリティに関する詳細は、こちらの記事をご参照ください。

3. パフォーマンス

移行のパフォーマンスに関する詳細は、こちらの記事をご参照ください。

4. ファイル移行の範囲

4.1 移行できるアイテム

Google Driveから移行する場合、以下のすべてのアイテムを移行できます。

ドキュメント

スプレッドシート

スライドショー

フォルダー

アクセス許可

アップロードされたファイル(例:.pdf、.jpg)

Google Drawings

4.2. 移行に関する考慮事項

Google Driveからの移行は簡単なプロセスで実行できます。すべてのデータをソースの構造や権限を変更することなく移行できます。ユーザーが権限を持っている場合は、そのユーザーの権限を移行する必要がありますので、マッピングテーブルにリストしてください。

4.3 対象者

このガイドは、リモートシステムに接続し、さまざまな管理ツールを使用することのできる、経験豊富なシステム管理者を対象としています。

当社では自社製品のサポートは提供していますが、PowerShellや、GoogleまたはExchangeのサーバー管理といった、サードパーティ製品のサポートは提供しておりません。

これらの手順を完了するのが困難なのではと不安な方は、当社のコンサルティングチームによるコンサルティングサービス付きソリューションをご検討ください。presales@cloudiway.comからお問い合わせ可能です。専門家との相談により、迅速で費用効果が高く、ストレスフリーな移行を確立することができます。

5. 移行前の構成

5.1. 移行開始前

プログラムによるアクセスの場合、SharePointのモダン認証を無効にする必要があります。

また、移行アカウント(ソースとターゲットの両方)は、SSO(シングルサインオン)またはMFA(多要素認証)を使用して認証しないようにしてください。

SSO(GoogleおよびOffice 365でネイティブに認証)をバイパスし、MFAをアクティブ化しない移行アカウントを定義する必要があります。

始める前に、以下の表に記載されている内容を確認しておく必要があります。

名前 説明 位置
Cloudiwayログイン 詳細を保存し、すでに使用しているシステム間の通信を提供します。   https://apps.cloudiway.com
ナレッジベースへのアクセス 当社の豊富なナレッジベースにいつでもアクセスできます。ビデオ、トラブルシューティングツール、サンプルなどをご用意しております。 https://kb.cloudiway.com]]]
SharePoint管理者アカウント これはプライマリSharePoint管理者アカウントである必要はありませんが、SharePointサイトコレクションにアクセス権限を持つユーザーアカウントでなくてはなりません。  移行にあたっては移行専用のアカウントを作成されることをお勧めします。 移行がすべて完了したら、このアカウントを削除すればよいのです。こうしたアカウントをまだお持ちでない場合は、設定の手順を以下でご説明しております。

5.2 移行前のチェックリスト

移行を確実に成功させるために、チェックリストに従うことをお勧めします。

ユーザーとグループのマッピングテーブルをCSV形式で準備し、後でアップロードできるようにしてください。

権限を設定するには、テナント管理者アカウントが必要です。

5.3. G Suite — サービスアカウントの権限を設定する

1. https://admin.google.comにアクセスし、「Super Admin」コンソールの認証情報を使ってログインします。

2. [Security] → [Advanced settings] の順にクリックします(これを表示するには、[Show more] をクリックする必要があるかもしれません)。

3. [API Permissions] をクリックします。

4. [MANAGE DOMAIN WIDE DELEGATION] をクリックし、次に [Add New] をクリックします。

5. [Client ID] に114818336788408865729をペーストします。

6. 以下のスコープを [Oauth Scopes (comma-delimited)] フィールドに追加します。

https://www.googleapis.com/auth/drive.readonly

7. [Authorize] ボタンをクリックします。

 

注:1. 各スコープはコンマで区切る必要があります。

2. スコープによって、末尾にスラッシュ(/)が必要なものと不要なものがあります。上記の文字列を使用してください。

3. 後で別のスコープを追加すると、既存のスコープが削除されます。リスト全体を同時に追加する必要があります。

5.4. Office 365 — アクセス許可

デフォルトでは、OneDriveにアクセスできるのは個々のユーザーのみです。ユーザーのOneDriveにはテナントの管理者ですらアクセスできません。OneDriveのプロビジョニングやOneDriveアクセス許可の設定という複雑なタスクは、Cloudiwayにおまかせください。

前処理と移行では、Graph ApisとCSOM呼び出しを組み合わせて使用します。

CSOM:

移行アカウントはSharePoint管理者でなくてはなりません。(これは特にOneDriveをプロビジョニングし、OneDriveにアクセス許可を与えるために必要です。テナントの管理者は個々のドライブへアクセスする必要があるからです)。

Graph APIS:

グラフAPI呼び出しには、ファイルに対するアプリケーション権限が必要です。

特に、以下が必要です。

ソースでRead.All。

ターゲットでReadWrite.Alls。

以下のKB記事に従って、アプリIDとアプリシークレットを生成する方法を確認してください。

https://kb.cloudiway.com/article/azure-apps-registration/

6.  Cloudiwayプラットフォームを使用してファイルを移行する

6.1 ソースコネクタを作成する

Cloudiwayでファイルを移行するためには、ソースドメインとターゲットドメインの両方と通信できる必要があります。これを可能にするのに、Cloudiwayではコネクタを使用します。コネクタはapps.cloudiway.comに構成されています。移行したいソーステナントごと、およびファイルの移行先となるターゲットテナントごとにコネクタを設定する必要があります。コネクタを構成するには、以下の手順に従ってください。

1. ご使用のブラウザからhttps://apps.cloudiway.comへ行き、ログインします。

コネクタを手動で設定するか、より簡単なウィザードプロセスを使用するかを選択できます。以下の手順では、手動プロセスについてご説明します。

2. 左側の [File Migration] をクリックし、次に [Sources] をクリックします。

3. 画面下部の [+ New] オプションをクリックします。

4. [Google Drive] をクリックし、[Connector name] にわかりやすい名前を入力します。

5. [Create] ボタンをクリックします。

6. 画面下の [Save] ボタンをクリックします。

6.2. ターゲットコネクタを作成する

Cloudiwayプラットフォームでは、データを移行するためにソースとターゲットの両方と通信する必要があります。Google Drive、OneDrive、SharePointといったターゲットを選択できます。

これに加えて、OneDriveアカウントとSharePointサイトの両方を併せて移行することも可能です。移行先のターゲットのタイプごとにターゲットコネクタを設定する必要があります。

1. 左側の [File Migration] → [Targets] の順にクリックします。

2. 画面下部の [+ New] オプションをクリックします。

3. 使用するターゲットコネクタのタイプを選択し、[Connector name]

にわかりやすい名前を入力します。

4. [Create] ボタンをクリックします。

5. Google Driveコネクタを選択した場合は、ソース接続の場合と同じように、メールをサービスアカウントに貼り付け、サービスアカウントの秘密鍵をアップロードします。これで次のセクションに進むことができます。

6. OneDriveターゲットを選択した場合は、テナントの名前を入力します(ターゲットURLを作成するため)。

[Name of the tenant]:テナントの名前(例:cloudiwaylab)を入力します。cloudiwaylab.comやcloudiwaylab.sharepoint.comといった名前は入力しないでください。このフィールドに入力すると、URLフィールドは自動的に入力されます。

[Server Region]:中国、ドイツ、米国政府のテナントがある場合を除き、ほとんどの場合、デフォルト値の「Worldwide」のままにしておきます。

[Domain Name]:プライマリドメインの名前を入力します。

[Migration User]:sharePoint管理者アカウント(CSOM呼び出しを実行する権限用)を入力します。

[User Password]:移行ユーザーのパスワードを入力します。これは暗号化されてEAS 256に保存されます。

[Client ID / Client Secret]:グループ、ユーザー、サイトへのアクセス許可付きのGraph APIクライアントIDおよびクライアントシークレットを入力します。

アプリケーションの作成については、こちらの記事をご参照ください。

https://kb.cloudiway.com/article/azure-apps-registration/

注:OneDriveアカウントとSharePointサイトの両方を併せて移行することも可能です。両方に移行する場合は、各ターゲット(OneDriveとSharePoint)用にコネクタを作成する必要があります。たとえば、2つの個別のSharePointサイトがある場合は、それぞれにコネクタを作成します。複数のコネクタを作成するには、上記の手順を繰り返してください。

6.3 ユーザーをインポートまたは作成する

移行されたすべてのファイルに関連付けられた権限を移行する方法として、ユーザーのリストをマッピングテーブルにアップロードすることができます。ユーザーをマッピングテーブルにユーザーを追加する方法はいくつかあります。これらには以下が含まれます。

  • CSVファイルのアップロード。
  • Cloudiwayの「ユーザーのインポート」ツール(IAMを使用)。
  • シングルユーザーの作成。

いずれの方法でも、各ユーザーにはライセンスタイプを割り当てる必要があります。ライセンスタイプには、トライアル(100 MBに制限)、教育、標準、アーカイブ、またはライセンスなし(ユーザーをマッピングテーブルに追加するために使用しますので、移行開始前に割当が完了する必要があります)といったタイプがあります。Cloudiwayプラットフォームが各ファイルを移行する際には、正しい権限も移行できるよう、ユーザーリスト(マッピングテーブル)をクエリします。したがって、移行開始前にユーザーリストが完成していることが大事です。

6.3.1 オプション1:CSVインポート

すべてのユーザーが1つのCSVファイルに含まれている場合は、そのファイルをCloudiwayにアップロードできます。ファイルのヘッダー行には、以下のフィールドが必要です。

FirstName; LastName; SourceEmail; TargetEmail; BatchName

ブラウザの多くがCSVファイルのアップロードを5000行に制限していますので、それよりも大きいファイルは分割して個別にアップロードする必要があります。アップロード済みのデータは上書きされませんので、ファイルは必要なだけいくらでもアップロードできます。

ライセンスタイプによっては、複数のCSVファイルをアップロードしたいという場合があるかもしれません。たとえば、OneDriveを持っていないがファイルが共有されているユーザーがいる場合、それらをすべて1つのCSVファイルにアップロードし、[No license] オプションを一度に適用してから、すべてのOneDriveユーザーをアップロードして、 関連ライセンスを割り当てることも考えられます。

[BatchName] フィールドは空白にしても結構です。必要であれば、このフィールドを使用して異なるバッチに名前を付け、特定の順序で実行できるようにすることも可能です。サンプルのCSVファイルは、以下に概説する手順でダウンロードできます。

1. apps.cloudiway.comの [Mail Migration] 領域から出ていないことを確認し、[User List] に移動します。

2. 下部のアクションバーで [Manage] をクリックし、[Upload CSV] を選択します。

3. 必要に応じて、[Download sample CSV] をクリックし、サンプルヘッダー(FirstName; LastName; SourceEmail; TargetEmail; BatchName)を使用してユーザーをCSVファイルに追加します。

4. 正しいヘッダーを含む完全なCSVファイルが完成したら、[Upload] ボタンをクリックします。

5. ご自身のファイルシステム内でCSVファイルを見つけ、ダブルクリックして選択します。

6.  [Source] および [Target] フィールドで適切なコネクタを選択します。

7.  [License] ドロップダウンリストからライセンスタイプを選択します。

8.  [Upload] ボタンをクリックします。

CSVファイルの形式が正しくない場合は、画面に以下のようなエラーメッセージが表示されます。

9. エラーメッセージが表示された場合は、CSVファイルをチェックして、5列あり、各列間に区切り文字が入っていることを確認し、もう一度アップロードを試みてください。

10.  CSVファイルの形式が正されたら、画面の上部に以下のような確認メッセージが表示されます。

11. メールを確認します。アップロードが完了したという確認を受け取ったら、Cloudiwayプラットフォームをリフレッシュすれば、インポートしたユーザーが表示されるようになります。

6.3.2 オプション2:「Import Users」ツール

Cloudiwayの「Import Users」ツールを使えば、ソーステナントからユーザーを取得することができます。[Identity Access Management] を介して機能を実行させます。このツールでは、適用させたい変換ルールを指定する必要があります。その後で、Cloudiwayプラットフォーム内の [Mail Migration/User List] ビューに新規ユーザーが追加されます。

これは高度なツールですので、Cloudiwayコンサルタントと協力して実行されることをお勧めします。このオプションの利用にご興味がありましたら、Cloudiwayの連絡先までお問い合わせください。

6.3.3 オプション3:シングルユーザー作成の詳細

初めてのお客様の多くが、テスト目的でシングルユーザーを作成されています。これはどのユーザーにも影響を与えることなく移行プロセスを監視する方法です。

シングルユーザー作成の方法は、移行により影響を受けるユーザーが少数しかいない場合にも使えます。これは特に、OneDriveアカウント内の個々のフォルダーに異なる移行場所を指定する場合に便利です。

たとえば、ボブのOneDriveのプロジェクトフォルダーをSharePointサイトに移行し、ボブの他のすべてのファイルをOneDriveに移行する場合は、ボブという追加のユーザーを作成し、先に作成したSharePointコネクタとしてターゲットコネクタを指定します。ボブのソースとターゲットのメールアドレスを追加するのではなく、移行元のOneDriveフォルダー名を付ける際にソースメールフィールドのメールアドレスとターゲットメールフィールドの完全なSharePointリストURLから取って名付けます。

別の場所に移行するには、特定の移行順序を守ることが必要です。これはファイルが間違った場所に移行されるのを防ぐためです。詳細については、presales@cloudiway.comまでお問い合わせください。

1. [File Migration] メニューから [User List] に移動します。

2. 下部のアクションバーで [Manage] をクリックし、[Create Single] を選択すると、以下の画面が表示されます。

3. 新規ユーザーの詳細をすべて入力します。

4. [Create] ボタンをクリックします。

新規ユーザーが [File Migration / User List] 画面に以下のように追加されます。

5. 作成したいその他のユーザーについても、1〜4のステップを繰り返します。

6.4.  監査を実行する

Cloudiwayの監査ツールは、すべてのGoogle Drive IDとそれぞれの所有者、およびファイルの場所のリストを作成します。さらに、Google Driveフォルダーの中で、共有率が高いことから事実上SharePoint Online移行に向いていると考えられるファイルも検出します。

監査結果を使用して、フォルダーをSharePoint Onlineに移行するかどうかを決定することができます。移行すると決めた場合は、移行するフォルダーごとにサイトコレクションとドキュメントライブラリを指定できます。ドキュメントライブラリ内では、フォルダー構造が完全に再作成されます。

SharePoint Onlineに特定の移行先があるこれらのフォルダーは、一般的な移行の前に移行する必要があることにご留意ください。これは、Cloudiwayが1つのファイルを移行するのは一度だけだからです。したがって、代替ターゲットを持つフォルダーがあれば、それが優先されることになります。

1. Cloudiwayファイル移行プラットフォームの [User List] 領域から、監査するユーザーを選択します(リストの上部にあるチェックボックスを使用すればすべてを選択できますので、チェックボックスの使用をお勧めします)。

2.画面下部のアクションバーで、[Migration] → [Audit] の順にクリックします。

監査が正常に開始されたことを示すメッセージが以下のように緑色で表示されます。

3. 監査の進行状況を確認するには、左側の [Dashboard] をクリックします。

進行の最新状況を確認するには、ページをリフレッシュするか、[User List] ページでユーザーごとの詳細を確認できます(監視ツールの使用方法の詳細を後述しておりますので、続けてお読みください)。

6.5. 前処理を実行する

これでCloudiwayコネクタが設定されましたので、前処理タスクの実行の準備が整いました。タスクは必要に応じて何回でも実行できます。Googleをソースとして使用する場合は、マッピングリストがGoogle内で宣言されたアカウントと一致するかどうかをGoogleが確認することになります。OneDriveがソースとターゲットの両方である場合は、前処理タスクで次のことを行います。

  • ソースとターゲットの両方で資格情報(ログインの詳細、アプリID、アプリシークレット、AppRealm)を確認する。
  • OneDriveがまだターゲットに存在しない場合は、各OneDriveのプロビジョニングを行う。
  • ソースとターゲットの両方で管理者ユーザーに各OneDriveへのアクセス権限を付与する。

1. Cloudiwayファイル移行プラットフォームの [User List] 領域から、前処理するユーザーを選択します(すべてを選択する場合は、リストの上部にあるチェックボックスをご利用ください)。

2 .画面下部のアクションバーで、[Migration] → [PreProcessing] の順にクリックします。

前処理要求を確認するダイアログボックスが以下のように表示されます。

3. [Start] ボタンをクリックすると、前処理が開始されます。

4. 前処理の進行状況を確認するには、左側の [Dashboard] をクリックします。

進行の最新状況を確認するには、ページをリフレッシュするか、[User List] ページでユーザーごとの詳細を確認できます(監視ツールの使用方法の詳細を後述しておりますので、続けてお読みください)。

6.6.  移行設定を選択する

移行中にメタデータを移行するかどうかは選択可能です。移行可能なのは以下のメタデータ要素です。

作成者 ファイル作成者のメールアドレス
作成日時 ファイル作成の日時
更新者 ファイルを更新した最後のユーザーのメールアドレス
更新日時 最後にファイルが編集された日時

また、ソースのファイルの名前が同じである場合は、ターゲットのファイルを保持するかどうかも選択できます。 たとえば、ソースとターゲット両方のOneDriveにmenu.docxが存在したとしたら、ターゲットのファイルを破棄して、ソースのファイルで置き換えるよう選択できます。ファイルを保持することを選択した場合、ファイルには_oldが付加されますので、この例の場合の名前はmenu_old.docxとなります。

これは、ユーザーが手動でファイルを移行し、ターゲットでそれらのファイルの使用を開始した場合に役立ちます。 このオプションがないと、ターゲットでの変更はソースによって上書きされます。

ターゲットに存在するファイルでソースのファイル名と一致しないものは、常に保持されます。

1.  https://apps.cloudiway.comの同じ [File Migration] 領域から、[Global Settings] をクリックします。

デフォルトでは、[Migrate Permissions] は [ON] に設定され、[Keep existing files] は [OFF] に設定されています。[Migrate All Files] :Google Driveのドキュメントを移行すると、ドライブ全体がターゲットに移行されます。共有ドキュメントが複製されることになりますので、ご注意ください。このオプションの使用はお勧めしていません。

2. これらの設定を編集するには、画面下部の [Edit] オプションをクリックして、必要な変更を行います。

3. [Save] をクリックして変更を登録します。

 

6.7 移行をアクティブ化して監視する

これでテナント内とCloudiway内ですべての移行前の手順が実行されましたので、移行の準備が整ったことになります。まずシングルユーザーでテスト移行を実行して、この構成により期待どおりの結果が得られたことをご確認になることをお勧めします。

移行を開始するには、移行するユーザーまたはバッチを選択して、[Start] ボタンをクリックします。バッチがスケジュールされ、リソースが利用可能になると、すぐに開始となります。

Cloudiway移行プラットフォームはデルタ(差分)パスに対応していますので、移行は段階的に行われることをご了承ください。OneDriveの移行を再開するたびに、まだターゲットにコピーされていないアイテム、またはターゲットにコピーされたため変更されたファイルのみが移行されます。したがって、プラットフォームはアイテムをターゲット内に複製しません。

移行はダッシュボードから監視することができます。ダッシュボードは、Cloudiway 「ファイル移行」プラットフォームから利用できます。デフォルトの画面には、すべてのユーザーのステータス、移行されたファイルの数、まだ移行されていないユーザーの数といった、移行の概要が含まれています。

詳細情報が必要な場合は、右上隅の [Details]、[Error]、[Search] タブをクリックすることができるほか、画面下部の [Export] オプションを使用してデータをCSVファイルとして保存することもできます。

[Details] タブには、各ユーザーが移行の進行状況とともに一覧表示されます。ニーズに合わせて列を並べ替えたり、列のサイズを変更したりできます。

行のいずれかをクリックして、各移行のログを表示することもできます。ログには [Statistics](デフォルトで表示)と [Error Items] の2つのタブが含まれていますので、ご注意ください。

右上隅の [Error] タブには、致命的なエラーや何らかの障害の発生によりさらなる注意が必要なユーザーの移行が表示されます。

[Search] タブの機能を使えば、名前またはIDに基づいてファイルを検索することができます。どちらも部分検索は許容され、上位5つの結果が表示されます。

7. トラブルシューティング

Cloudiwayでは、一般的なエラーメッセージ、ビデオガイド、ダウンロードなど、多くのリソースを備えた広範なナレッジベースをご提供しています。

ナレッジベース全体にアクセスする(キーワードを検索したり、トピックに目を通すことができます)には、こちらをご訪問ください:https://kb.cloudiway.com/

ナレッジベースには、サポートが必要になった場合のサポートの依頼方法に関する情報も含まれています。