Categories
Uncategorized

新しいGoogle SitesからSharePointへの埋め込みドキュメントを伴う移行について

新しいGoogle SitesからSharePointへの埋め込みドキュメントを伴う移行について Cloudiwayでは、新しいGoogle SitesをSharePoint Onlineに移行し、DrivesやGroupsなども更に一緒に移行することができます。  Cloudiwayは、オールインワンの新インターフェース上にてカスタマイズが可能で、柔軟性とセキュリティを優先しながら、クラウド移行プロセス全体を簡素化します。 サイト移行ツールの活用によって、MSPs(Managed Services Providers)やIT担当者は手作業での移行にかかる時間やストレスを大幅に軽減することができ、そのプロセスにおいて構成、ファイル、フォルダの統合や再編成などのメリットが得られます。 旧Google Sitesと新Google Sitesの違い 2008年のGoogle Sitesの登場以来、企業のコンテンツ管理やGoogle Driveを使ったコラボレーションが促進されています。 元の商品である「旧Google Sites」は、2021年末までに販売が終了されます。 今回の新しいバージョンでは、Google SitesにはFile Cabinetsがなくなりました。ファイルはGoogle Sitesには保存されず、サイト全体と同様にGoogle Driveにのみ保存されます。そのため、この記事では、同じツールによって貴社の移行プロジェクト全体の実行をご検討いただくことを強くおすすめしております。 その上、リストが必要な場合は、Googleのスプレッドシートを作成して埋め込む必要があります。Google Workspaceでは、以前にも増して、さまざまなツールが相互に連携しています。 なぜGoogle SitesからSharePointへの移行が必要なのか? 新しいGoogle Sitesは、一部の特定のユーザーにとっては大きな改善となりますが、大企業は複数の理由から、既存のサイトをアップグレードするのではなく、Google SitesからSharePoint OnlineやMicrosoft 365への移行を選択しています。 SharePoint Onlineでは、WordやExcel、PowerPointなどのMicrosoft 365アプリとのコラボレーションが可能です。 また、SharePointには、Webパーツ、ライブラリ、アプリ、ページなど、より多くの設定オプションがあります。 Microsoftのソリューションでは、サイト、ページ、コレクション、リスト、さらにはファイルなど、さまざまなレベルできめ細かな権限設定が可能で、より優れたセキュリティ機能が提供されています。 Google SitesからSharePoint Onlineへの移行に関する新機能のご紹介 [SharePoint OnlineとGoogle Sitesは類似したコラボレーション機能を提供していますが、設計が異なるため、移行プロセス全体の難易度が高くなります。 Google Sitesがより階層的であるのに対し、SharePoint Onlineは命名の競合を避けるためページを保存するライブラリがフラットになっています。Googleは縦型と横型のメニューを表示しますが、SharePoint Sitesのモダンサイトには縦型のメニューがありません。 Googleガジェットのような特定のコンポーネントについては、SharePointには同等のWebコンポーネントがありません。 新しいGoogle SitesはSharePointのモダンサイトおよびMicrosoft Teams(Microsoft TeamのSharePointサイト)に移行されます。 Cloudiwayでは、埋め込まれたGoogle DriveのドキュメントをSharePointサイトではなくOneDriveに直接移行し、SharePointサイトページに表示できるようになりました。下の画像は、SharePointに表示されたOneDriveフォルダです。 この商品では、権限、サイトページを始めとして、モダンページ、メニュー、レイアウト、セクションなどが移行されます。移行される内容の完全なリストを含む、新しいサイトの移行のプレゼンテーションは、こちらよりご自由にご覧ください:新しいGoogle SitesからSharePointへの移行。 […]

Categories
Uncategorized

Cloudiway vs Microsoft FastTrack

Cloudiway vs Microsoft FastTrack クラウド移行を成功させるには、移行戦略の準備と計画が不可欠です。 作業を進行する上で不可欠なステップとして、適切な移行ツールの選択があります。お客様のシナリオや要件に応じて、代替技術を用いた様々な価格のソリューションをご検討いただけます。 この記事では、Cloudiway移行プラットフォームとMicrosoft FastTrack Centerを比較します。以下の記事では、Cloudiwayの共存と移行プラットフォームで利用できる機能をご紹介しています。 当社のツールは完全にクラウドをベースとしており、どのWebブラウザからでもご利用いただけます。設定は簡単で、ライセンスには移行に必要なものがすべて含まれており、追加費用はかかりません。サーバーやVMのインストールも、データ通信料も不要です。 比較表 Microsoft FastTrack vs Cloudiwayに移動します。 Cloudiwayの移行ツールとMicrosoft FastTrackの比較 1.独自の移行パスを作るための複数のフィルター Cloudiwayプラットフォーム上には、”Global Settings”というタブがあり、日付の範囲のフィルタリング、アイテムのフィルタリング、メールアドレスの変換などの機能があります。 2. あらゆるビジネス・ワークロードを移行 移行プラットフォームは複数のワークロードをサポートしており、同一インターフェースで移行を同時実行でき、ユーザーに親しみやすく、すぐに開始可能です。 3.スケーラブルでパワフルなサーバー 当社は、お客様のニーズに合わせて最大のパワーをご提供いたします。 1台の仮想マシンから数千台のコンピュータリソースまで、当社の移行プラットフォームは完全にスケーラブルです。 4.レポートとダッシュボード 「ダッシュボード」セクションでは、移行の状況を把握することができます。主要なパフォーマンス指標は、CSVやpdfの各種フォーマットのレポートに抽出できます。「詳細」タブでは、成功/失敗を管理/監視できます。トラブルシューティングや適切な解決策の発見のサポートのため、問題タイプ別に情報リンクをご提供いたしております。 5. Google Workspace, Microsoft 365, Exchange server との共存 移行ツールに加えて、 Google Workspace (G Suite)やOffice 365のExchange 、オンプレミスのExchange を対象に、段階的な移行や長期にわたる移行期間の際に、プラットフォーム上で2つの機能を共存させて利用可能です。 Free/Busy により、2つのテナント(ユーザーグループ)間でカレンダーと空き状況を共有できます GALsync (グローバルアドレス一覧の同期) によりコラボレーションの簡素化できます 6.無料サポート Cloudiwayライセンスでは、チャットやメールで無料のライブサポートをご提供いたしております。プレミアムサポートのお見積りにはコンサルティングサービスが追加可能です。 7. Google移行の制限と速度 Cloudiwayツールは、Google Workspaceの1日あたりのスロットリング制限を超える移行が可能です。また、Cloudiwayの移行速度は […]

Categories
Uncategorized

旧サイトの移行をご希望ですか?GOOGLE WORKSPACEへの完全移行をご選択ください

旧サイトの移行をご希望ですか?GOOGLE WORKSPACEへの完全移行をご選択ください 旧サイトの移行をご希望ですか?GOOGLE WORKSPACEへの完全移行をご選択ください  Googleの旧サイトの終了により、多くの企業は様々な理由から既存のサイトのアップグレードではなく、Google SitesからMicrosoft SharePoint Onlineへの移行を決定しました。 SharePointでは、Webパーツ、ページ、アプリ、ライブラリなど、より多くの設定オプションが用意されています。 Googleは2017年にモダンバージョンのGoogle Sitesを導入し、2021年12月までに「クラシック」のGoogle Sitesを新サイトに移行するスケジュールを詳細に説明しました。さらに、こちらの記事でご説明したように、残っている旧サイトの編集は2021年10月までにできなくなります。  GoogleサイトのSharepoint Onlineへの移行は、Google Workspace(旧G Suite)全体のMicrosoft 365への移行を含む、より広範囲な移行の一部であると考えられます。 移行の範囲は、権限、ガジェット、メニューなど、より多くのコンポーネントへの拡張が可能です。 Cloudiwayでは、クラウドコレクションの商品だけではなく、プラットフォームの移行のお手伝いをすることを理念としています。Googleのファイル共有へのアプローチ(Google Drive、Shared Drives、Google Sites)は、Microsoftのシステム(OneDrive for Business、Teams、SharePoint Online)とは異なります。 Google旧サイトは新サイト同様にSharepoint Online旧サイトに移行可能です。Google Workspaceからメールボックスやドキュメントがある状態で移行する場合、コンサルタントは新しいTeamsとSharePointのサイトが前もって作成されていることを確認いたします。Google Sitesのページに埋め込まれたファイルや、ページに添付されたファイルも移行できます。これには、ページ内の添付ファイル、ファイルキャビネットに保存されたファイル、Google Driveドキュメントが含まれます。 当社のツールは、Google SitesからSharePointへの移行時にダウンタイムを最小限に抑えるための差分パスをご提供いたします。 こちらの記事でご紹介したように、無料の移行ツールを使用したり、メールボックス、ドキュメント、パーソナルアーカイブ、チームの移行を違うツールで行ったりすると、データの不一致に直面することがあります。別々のツールを使用してしまうと、移行結果に影響を及ぼす可能性が高いのです。 CloudiwayのGoogle Site移行ソリューションでは、Google WorkspaceからOffice 365への移行の一環として、貴社のGoogle SitesをSharePointに移行可能です。メールボックスやファイルの移行と、サイト、さらにはグループやアーカイブの移行を組み合わせることで、収益性が高まるだけでなく、信頼性や移行全体の成功率にも大きく貢献いたします。こうした重要なワークロードの移行において、ライセンスを組み合わせた当社のコンサルティングサービスの専門家が、あらゆる困難を軽減し、障害を取り除くお手伝いをいたします。  GoogleからO365への移行をご予定されていますか?お気軽にご相談ください。お客様のプロジェクトに最適な方法やツールをご提案いたします。

Categories
Uncategorized

GALSYNCの設定方法をご紹介!デモ動画

GALSYNCの設定方法をご紹介!デモ動画 GALSYNCの設定方法をご紹介!デモ動画 こちらは新プラットフォームにおける商品デモ動画シリーズの第1弾です! この動画では、Office 365とG Suiteのテナント間でGALSyncの設定方法について順を追って説明しています。共存ソリューションの一つであるGALSyncは、Exchange、Office 365 (Outlook)、G Suiteのグローバルアドレス一覧を複数の組織間で自動的に同期することが可能です。 統廃合の前と全期間を通して、あるいは統廃合後も、組織間で連絡先情報を複数のアーキテクチャで利用できるようにしておく必要があります。 https://youtu.be/974dxbtrbEM   この動画でもご紹介していますが、以下のリソースを開き、手順に沿って操作してください。 コネクタの作成 管理者ガイド:GALSync Office 365コネクタ設定ガイド G Suiteコネクタ設定ガイド また、オブジェクトの同期だけでなく、カレンダーデータ(フリー/ビジー)の同期も可能な完全型ソリューションです。 こちらからフリー/ビジーの商品をご確認ください。

Categories
Uncategorized

適切なデータ移行戦略とツールの選択

適切なデータ移行戦略とツールの選択 適切なデータ移行戦略とツールを選ぶために 適切なデータ移行戦略とツールの選択は、データそのものと同じくらい重要です。 現代では私たちは皆、データが日常生活においてどれほど重要であるかを知っており、データは私たちの日常生活やビジネス上の取引においての血液のように大切なものになっています。   データ移行市場が世界的に成長している要因としては、ビジネスデータ量の増加、規制状況の変化、レガシーデータの維持などが挙げられます。 しばしば、組織は、あるテナントから別のテナントへの移行時や、合併、買収、事業売却の際に、小さいながらも重要な部分を見落としたり、切り捨てたりしがちです。 効果的な戦略の一環として、より有利にデータ移行のアプローチとツールの選択を行うためには、以下の3つの必須要素があります。 無料移行ツールvs有料移行ツール この2つの選択肢について、具体的にどのような期待、結果、リスクがあるのでしょうか?無料のツールにも、有料のソフトウェアツール同様に、ご希望通りのデータ転送が確実に完了できますか? 無料ツールには、コスト面でのメリットがありますが、お客様の対象としているデータをサポートする完全なソリューションを提供できない可能性があります。 ニーズに対する移行ツールの適合性 お客様のビジネスニーズを適切なデータ移行ツールの提供会社において、余すところなく満たすことを最優先すべきです。多くの場合、ソフトウェアツールが提供すべき非常に細かい詳細をチェックするだけで、データの制限、ユーザー権限のマッピング、サーバーやストレージなどの追加のハードウェアやソフトウェアのコストなどの基本的な情報を無視しています。 移行作業の完了を急ぐと、予算外の追加費用が発生する可能性があります。 移行のコストvs効果vsリスク 移行コストだけを基準に考えてしまうと、データ移行作業の完了後に以下のような影響が出てくる可能性があります。半分しか移動していないデータ、データの重複、連絡先やカレンダーなどのデータがターゲットのテナントやドメインに入っていない、そしてユーザーの何通かのメールやアイテム、G driveからOne driveへの移行後にドライブ内のファイルがMS Office形式に変換されていない、などです。さらに、完全移行前やドメインのカットオーバー移行後にソースデータが削除された場合も同様です。 その結果、更にトラブルが増えたり、損失が発生したり、プロジェクトの完了時期が遅延したりする可能性があります。本格的なデータ移行ツールを提供する企業は、IT投資の価値を高め、データに関するリスクのない安心感を提供します。 開始から24時間ですべてが完了したのは、10年以上のクラウド移行経験がある私にとって初めてのことでした。メール/共有メールボックス/リソース/Teams/OneDriveなど、すべてCloudiwayが管理してくれます。移行開始前に、すべての設定がうまく行っているかどうかを確認するために、1時間のコンサルティングサービスを受けることが必要ですが、移行の予算内では、この1時間は、サポートの問題後の所要時間に比べれば、取るに足りません…。 Didier Delens – IT Manager/EyeD Pharma社 完全に自動化された適切なデータ移行ツールであるCloudiwayをご選択いただくことで、スムーズなデータ移行を成功させることができ、煩わしさが減り、時間とコストの節約につながり、迅速な立ち上げと費用対効果につながります。 Cloudiway なら、お客様のデータ移行と会社の共存の道のりにおいて、信頼できるパートナーを務められます。詳細は今すぐご連絡ください! 続きを読む:無料のクラウド移行ソリューションの見えないコスト