GOOGLE VAULT MAIL ARCHIVESからの移行

概要

このガイドは、新しいCloudiwayアーカイブ移行製品に特化しています。 この新しいバージョンを使用したい場合は、お問い合わせください

1. Cloudiwayを使用したGoogleVaultアーカイブメールの移行

Cloudiwayのメールアーカイブ移行ソリューションは、企業がシンプルなSaaSインターフェースを介して移行を実行するのに役立ちます。 その結果、ボールトの移行には追加のソフトウェアのインストールやオーバーヘッドが不要であり、移行を安全かつ迅速に実行できます。

Cloudiwayプラットフォームは、すべてのタイプの移行パスをサポートするのに十分な柔軟性を備えています。 ただし、このミニガイドでは、GoogleVaultアーカイブの移行に焦点を当てています。 移行の種類(カットオーバーと段階的)の詳細については、ホワイトペーパーメール移行に関するをご覧ください。

1.1. 移行の仕組み

Vaultアーカイブは、オンラインメールボックスの正確なコピーです。 さらに、完全に削除されたアイテムも含まれています

Vaultの移行中に行う必要があるのは、完全に削除されたアイテムを移行することだけです。他のアイテムは、オンラインメールボックスに保存されているメールの複製であるためです。

デフォルトでは、製品は完全に削除されたアイテムのみを移行します。 このオプションは、コネクタで変更できます(以下を参照)。

Google Vaultは、Office 365メールボックス、インプレースアーカイブ、またはその両方で移行できます。

新しいVault移行エンジンは、Office 365 PSTインポートサービスを使用しています。

プラットフォームは、アーカイブをVaultからPST形式でエクスポートし、Office365PSTインポートサービスで使用されるAzureBlobStorageに直接アップロードします。

インポートしたら、Office365PSTインポートサービスを手動でトリガーします。

1.2. ライセンス

Vaultアーカイブを移行するには、Cloudiwayアーカイブライセンスが必要です。 同様に、Cloudiwayの標準ユーザーライセンスを購入するか、アーカイブパッケージをリクエストするために当社に連絡することができます。

2. セキュリティ

セキュリティに関する詳細は、こちらの記事をご参照ください。

3. パフォーマンス

移行のパフォーマンスに関する詳細は、こちらの記事をご参照ください。

4. メール移行の範囲

4.1. 移行できるアイテム

Cloudiway Vault移行ツールは、ユーザーのVaultに保存されている完全に削除されたメールを移行します。 他のメールも個別に移行されるオンラインメールボックスに含まれているため、他のメールを移行する必要はありません。

ただし、Vaultアーカイブに保存されているすべてのメールを移行する場合は、移行するオプションがあります。

4.2. 移行の限界

Google Vaultは、グループの所有者がアーカイブを有効にしている場合にのみ、Googleグループのメッセージを保持できます。 Cloudiwayプラットフォームは現在、Vault移行の一部としてGoogleグループメッセージを移行しません。 ただし、Office 365(統合グループまたは共有メールボックス)へのGoogleグループの移行は、個別の移行プロジェクトとして処理できます。

4.3. 考慮事項

移行は、専用のアーカイブメールボックスであろうと標準のメールボックスであろうと、既存のメールボックス間で行われます。 これは、移行時にメールボックスがターゲットに存在する必要があることを意味します。 移行を開始する前に、移行するすべてのメールボックスのターゲットメールボックスがターゲットドメインに作成されていることを確認してください。

4.4. 対象者

このガイドは、リモートシステムに接続し、さまざまな管理ツールを使用することのできる、経験豊富なシステム管理者を対象としています。

当社では自社製品のサポートは提供していますが、PowerShellや、Googleサーバー管理またはOffice 365といった、サードパーティ製品のサポートは提供しておりません。

これらの手順を完了するのが困難なのではと不安な方は、当社のコンサルティングチームによるコンサルティングサービス付きソリューションをご検討ください。専門家との相談により、迅速で費用効果が高く、ストレスフリーな移行を確立することができます。

5. 移行前の構成

5.1 移行開始前

開始する前に、次の表に概説されている詳細があることを確認する必要があります。 いずれの場合も、移行専用のアカウントを作成することをお勧めします(システムごとに手順を示します)。このアカウントは、移行の完了時に削除できます。 これにより、完全なセキュリティとシンプルさが保証されます。

名前

説明

位置

Cloudiwayログイン

詳細を保存し、すでに使用しているシステム間の通信を提供します

https://portal.cloudiway.com

ヘルプセンター

当社の広範なヘルプセンターには、ビデオ、トラブルシューティングツール、サンプルなどがあり、いつでもアクセスできます。

https://help.cloudiway.com/

Google Vault 管理コンソール

これは、管理者が組織内の人々のためにGoogleサービスを管理する場所です。

 https://admin.google.com

ターゲットの Office 365 アカウント

オプション。 Cloudiwayサポートが接続して問題のトラブルシューティングを行うために使用します。

 
5.2. Google Workspace —サービスアカウントの権限を作成および設定します

Google APIを介してデータにアクセスするには、Cloudiwayに権限を付与する必要があります。 このガイドに従って、アカウントと権限を設定してください。

Google Workspaceコネクタの構成

5.3. Office 365

Google Vault移行エンジンの最新バージョンは、Office365PSTインポートサービスを使用します。

前提条件はありません。

6. アーカイブ移行

Google Vaultを移行するには、次の手順が必要です。

  1. GoogleVaultソースコネクタを作成します
  2. PSTインポートサービスのターゲットコネクタを作成します
  3. Cloudiwayアーカイブユーザーリストから、Vaultコネクタをソースとして、PSTインポートコネクタをターゲットとして移行するアーカイブを定義します。
6.1. コネクタを作成する

Cloudiwayでファイルを移行するためには、ソースドメインとターゲットドメインの両方と通信できる必要があります。これを可能にするのに、Cloudiwayではコネクタを使用します。移行したいソーステナントごと、およびメールの移行先となるターゲットテナントごとにコネクタを設定する必要があります。コネクタを構成するには、以下の手順に従ってください。

大規模なプロジェクトの場合は、複数のコネクタを作成し、それらを並行して使用することも可能です。 こうした構成を設定する必要がある場合は、Cloudiwayコンサルティングサービスまでお問い合わせください。

:コネクタの実行中に移行設定のチェックボックスを有効にすることができます。すべてのGoogleチャットとハングアウトを移行するための設定:

プラットフォームのOffice 365 PSTインポートサービスコネクタ:

 Cloudiwayプラットフォームは、PSTファイルのOffice365へのアップロードを自動化しています。

完全なMicrosoftドキュメントについては、次の手順に従ってください: https://docs.microsoft.com/en-us/microsoft-365/compliance/use-network-upload-to-import-pst-files?view=o365-worldwide#step-4-create-the-pst-import-mapping-file

SAS Upload BlobStorageURLを取得する

 https://compliance.microsoft.com/homepageに移動
左側のメニューで、[Information Governance]をクリックします。

[Information governance]ページで、[Import]をクリックしてから、[New Import Job]をクリックします。

ジョブに名前を付けて、[next]をクリックします。

次に、[Upload your Data]を選択し、[next]をクリックします。

[Show Azure SAS URL]をクリックして、その値をコピーします。

CloudiwayプラットフォームのターゲットPSTインポートコネクタに貼り付けます。

[Import data]ページを開いたままにするか(SAS URLを再度コピーする必要がある場合)、[Cancel]をクリックして閉じます。

6.2. ユーザーをインポートまたは作成する

移行したいユーザーを追加する方法はいくつかあります。 これらには以下が含まれます。

  1. CSVファイルのアップロード。
  2. シングルユーザーの作成。
オプション1:CSVインポート

すべてのユーザーのCSVファイルがある場合は、そのファイルをCloudiwayにアップロードできます。

ユーザー/グループのCSVファイルに入力する方法は?

portal.cloudiway.comのメール移行領域にいることを確認し、[Mails ]、[Archive]の順に移動します

アクションバーの[Manage ]をクリックして、[Import]を選択します

必要に応じて、[Download sample CSV]をクリックし、サンプルヘッダーを使用してユーザーをCSVファイルに追加します

(FirstName;LastName;SourceEmail;TargetEmail;BatchName)

ユーザー/グループのCSVファイルに入力する方法は?

正しいヘッダーを含む完全なCSVファイルができたら、[Upload ]ボタンをクリックします。

独自のファイルシステム内でCSVファイルを見つけ、それをダブルクリックして選択します。

[Source ]フィールドと[Target ]フィールドで適切なコネクタを選択します。

[Upload] ボタンをクリックします

エラーメッセージが表示された場合は、もう一度アップロードを試みてください。
CSVファイル形式が正しくなると、確認メッセージが表示されます。

画面を更新して、ユーザーリストがいつ更新されたかを確認します。

オプション2:シングルユーザー作成の詳細

初めてのお客様の多くが、テスト目的でシングルユーザーを作成されています。これはどのユーザーにも影響を与えることなく移行プロセスを監視する方法で、移行により影響を受けるユーザーが少数しかいない場合にも使えます。

[Manage] メニューから [Create User] に詳細をすべて入力します。

新しいユーザーのすべての詳細を入力し、[OK]をクリックして、新しいユーザーをアーカイブ移行/ユーザーリストに追加します。 作成するユーザーについて、このプロセスを繰り返します。

6.3. 移行を開始します

移行により、アーカイブがVaultからPSTファイルに抽出され、Microsoftインポートサービスで使用されるBlobストレージにアップロードされます。

アーカイブユーザーリストからユーザーを選択し、[MIGRATION ]、[Start]の順にクリックします。

Cloudiwayの移行ジョブが完了すると、つまり、GoogleVaultPSTエクスポートがAzureBlobStorageに正常にアップロードされたら、Microsoftインポートジョブをトリガーできます。

まず、マッピングファイルを生成します。 Cloudiwayアーカイブリストで、[管理]、[PSTリストのダウンロード]の順にクリックします。

PSTプロセスのステータスに関係なくダウンロードすることは、マッピングファイル全体を再生成するか、デルタ(Microsoftインポートサービスによってまだ処理されていないPSTファイルのリスト)のみを再生成することを許可するオプションです。

注:プラットフォームによって生成されたマッピングファイルは、既定でOffice 365メールボックスに移行されます(列isArchive = FALSE)。 マッピングファイルを編集して、宛先を変更できます。 たとえば、オンラインアーカイブ(列isArchive = TRUE)に移行したり、特定のフォルダー(列TargetRootFolder = / FolderName)に均等に移行したりすることができます。 マッピングファイルの正確な構文については、Microsoft documentationを参照してください。

一般的なシナリオは、Google Vaultの完全に削除されたアイテム(コネクタで[Migrate Deleted Items]を指定)を回復可能なアイテムフォルダに移行して、ユーザーがアクティブなメールボックスのデータにアクセスできないようにすることです。 ユーザーのメールボックスの回復可能なアイテムフォルダー(列TargetRootFolder = /回復可能なアイテム/削除)に移行する場合、ユーザーはMicrosoft 365で訴訟ホールドになっている必要があります。そうでない場合、データはMicrosoft365で自動的に削除されます。 メールボックスを訴訟ホールド:TechNetの記事に配置します。

ファイルを入手したら、Microsoftインポートジョブを送信できます。

Microsoftインポートジョブサービスページに戻り、ジョブを開始します。 マッピングファイルの提供を求められた場合は、上記で生成されたファイルを使用してください。

ファイルのアップロードが完了し、マッピングファイルにアクセスできることを確認してください。

[Next]をクリックします。

[Next]をクリックしてから[Submit]をクリックします。

この手順に到達したら、Office365がジョブを終了するのを待つ必要があります。 完了すると、ステータスに「Import Completed」と表示されます。

ジョブを確認し、[Import to Office365]をクリックします。

「No, I want to import everything.」をクリックします。 次に、[Next]をクリックします

ジョブを送信したら、完了するまで待つ必要があります

完了すると、アイテムがアーカイブメールボックス(または指定した場所)に表示されます。

7. トラブルシューティング

Vaultのエクスポートステータスを確認するには、vault.google.comにログインします

[Matters]に移動します。

ユーザーの[matters]を開き、[EXPORTS]をクリックして、エクスポートステータスを確認します。

Cloudiwayは、ナレッジベースとも呼ばれる広範なヘルプセンターを提供しており、一般的なエラーメッセージ、ガイド、ダウンロードなど、多くのリソースを提供しています。

Microsoft Office 365 Migration FAQs

ヘルプセンターにアクセスする(キーワードを検索したり、トピックに目を通すことができます)には、こちらをご訪問ください:https://help.cloudiway.com/

また、ヘルプセンターでは、サポートが必要になった場合のサポートの依頼方法に関する情報も含まれています。

 

 

更新日:2022/05/11