Cloudiway vs Microsoft FastTrack

クラウド移行を成功させるには、移行戦略の準備と計画が不可欠です。
作業を進行する上で不可欠なステップとして、適切な移行ツールの選択があります。お客様のシナリオや要件に応じて、代替技術を用いた様々な価格のソリューションをご検討いただけます。
この記事では、Cloudiway移行プラットフォームとMicrosoft FastTrack Centerを比較します。以下の記事では、Cloudiwayの共存と移行プラットフォームで利用できる機能をご紹介しています。
当社のツールは完全にクラウドをベースとしており、どのWebブラウザからでもご利用いただけます。設定は簡単で、ライセンスには移行に必要なものがすべて含まれており、追加費用はかかりません。サーバーやVMのインストールも、データ通信料も不要です。
比較表 Microsoft FastTrack vs Cloudiwayに移動します。

Cloudiwayの移行ツールとMicrosoft FastTrackの比較

1.独自の移行パスを作るための複数のフィルター
Cloudiwayプラットフォーム上には、”Global Settings”というタブがあり、日付の範囲のフィルタリング、アイテムのフィルタリング、メールアドレスの変換などの機能があります。

2. あらゆるビジネス・ワークロードを移行

移行プラットフォームは複数のワークロードをサポートしており、同一インターフェースで移行を同時実行でき、ユーザーに親しみやすく、すぐに開始可能です。

3.スケーラブルでパワフルなサーバー

当社は、お客様のニーズに合わせて最大のパワーをご提供いたします。 1台の仮想マシンから数千台のコンピュータリソースまで、当社の移行プラットフォームは完全にスケーラブルです。

4.レポートとダッシュボード

「ダッシュボード」セクションでは、移行の状況を把握することができます。主要なパフォーマンス指標は、CSVやpdfの各種フォーマットのレポートに抽出できます。「詳細」タブでは、成功/失敗を管理/監視できます。トラブルシューティングや適切な解決策の発見のサポートのため、問題タイプ別に情報リンクをご提供いたしております。

5. Google Workspace, Microsoft 365, Exchange server との共存

移行ツールに加えて、 Google Workspace (G Suite)やOffice 365のExchange 、オンプレミスのExchange を対象に、段階的な移行や長期にわたる移行期間の際に、プラットフォーム上で2つの機能を共存させて利用可能です。

  • Free/Busy により、2つのテナント(ユーザーグループ)間でカレンダーと空き状況を共有できます
  • GALsync (グローバルアドレス一覧の同期) によりコラボレーションの簡素化できます

6.無料サポート
Cloudiwayライセンスでは、チャットやメールで無料のライブサポートをご提供いたしております。プレミアムサポートのお見積りにはコンサルティングサービスが追加可能です。

7. Google移行の制限と速度
Cloudiwayツールは、Google Workspaceの1日あたりのスロットリング制限を超える移行が可能です。また、Cloudiwayの移行速度は Microsoft FastTrack Centerよりもはるかに高速です。
Google Workspace (G Suite) から Microsoft 365 に移行:何が移行され、どのような制限があるのでしょうか?

8.単なる移行ではありません
Cloudiwayでは、Microsoft 365 のマネージドマイグレーションをご提供いたしており、移行時の複雑さを省き、シンプルなデータ移行をご利用いただけます。

9. ITパートナーが複数の移行プロジェクトを同時に管理可能に
Cloudiway移行アカウントでは、別々の取引先の複数のプロジェクトを同時に、かつ簡単な方法で管理することができます。

Cloudiwayでサポートされてい Microsoft FastTrack Centerでサポート対象外のシステム

引っ越しの際に忘れ物がないように
Google Vault:Cloudiwayは「Google Workspace」向けサービス「Google Vault」のデータアーカイブの移行が可能です。
Google Sites:CloudiwayはSharePoint OnlineへのGoogleサイトの構成とデータの移行が可能です。

NEW 2021 : Cloudiwayは、GoogleのClassicとModern(New)のサイトをMicrosoft 365 (SharePoint / Microsoft Teams)に移行することができるようになりました。詳しくはこちらをご覧ください

Google ラベル:ラベルとは、 Gmail でメールに適用するタグのことで、メッセージをグループ化したいタグで分類できます。多くのメールシステムでは、フォルダを使用してメールを保存し、分類しています。 Google から他のメールシ
ステムへの移行時には、ラベルがフォルダに変換されます。メールは、ラベルに対応するフォルダに保存されます。 Google では、1つのメールが複数のラベルを持つことができますが、Cloudiwayではメールが重複しません。1つのメールに
複数のラベルがある場合、最初のラベルが保持されます。 FastTrack ではプロセスが異なり、すべてのラベルを保持しますが、同じメールに複数のラベルが適用された場合、メールが重複します。詳しくはCloudiwayのGoogleラベルの移行方法をご覧ください。

Microsoft 365 テナント: Cloudiwayには、Microsoft 365 テナント(ユーザーグループ)から別のテナント (メールボックス, OneDrive, SharePoint Online, Office 365 groups)に移行するための完全なツールセットがあります。手順はとても簡単です。また、ダウンタイムなしで同じメールドメインの維持、変更が可能で
す。

Google Workspace から Microsoft 365への移行:Cloudiwayには、Google WorkspaceからMicrosoft 365への移行のための最も包括的なツールセットがあります。以下は、Cloudiwayツールによって移行されるものの一部です。

  • メール
  • 連絡先
  • カレンダー
  • ラベル
  • デリゲート(委譲)(MS FastTrackでは未対応)
  • タスク(MS FastTrackでは未対応)
  • アーカイブデータ(MS FastTrackでは未対応)
  • 暗号化メール(MS FastTrackでは未対応)
  • Google グループ(MS FastTrackでは未対応)
  • Google Drive, Googleサイトのデータやアーキテクチャ、 Googleグループ…他の多くのソリューションでは、GoogleサイトをSharePointサイトに移行すると広告されていますが、サイトの構成を考慮せずに一つのシステムから別のシステムにファイルを移動しているだけです。

機能比較: Microsoft FastTrack vs. Cloudiway