Google GroupsからOffice 365への移行ガイド

概要

重要:このプラットフォームでは、6万を超えるトピックを含むGoogleグループの移行は許可されていません。

Googleグループの移行プロジェクトは、複雑でカスタマイズされたプロジェクトです。 セルフサービスポータルをオンデマンドで実行することはできません。 これらのプロジェクトには、コンサルティングサービスと組み合わせたCloudiway製品ライセンスが必要です。 Googleグループの移行プロジェクトを開始するための最短のスケジュールは2週間です。 詳細については、セールスマネージャーにお問い合わせください。

1. Cloudiwayを使用したGoogleグループからOffice365への移行

Googleグループは、ビジネスニーズに応じて、移行計画全体の一部として、または独立したプロジェクトとして移行できます。各グループをOffice365グループ、共有メールボックス、またはMicrosoftTeamsに移行することを選択できます。

既定では、CloudiwayプラットフォームはグループをOffice365グループに移行します。 Office 365グループは、グループ専用の領域で、ユーザーの受信トレイ内からイベントの通信、共同作業、およびスケジュール設定を行うために使用されます。これに対して、Office 365共有メールボックスは、個人のグループではなく、共通の電子メールアドレスから電子メールを監視および送信する必要がある場合に使用されます。

Cloudiwayグループ移行プラットフォームを使用すると、グループごとにデフォルトをオーバーライドできます。その結果、GoogleグループをOffice365に移行する際に完全な柔軟性を実現できます。

移行への道は簡単です。 5つのステップで、セットアップはほとんど必要ありません。Googleグループは目的のターゲットに移行されます。手順は次のとおりです。

    1. 移行アカウントを設定し、Cloudiwayプラットフォームにグループの場所を指示します。
    2. Cloudiwayは、移行アカウントがアクセスできるグループの[Get List]します。
    3. 移行するグループとそのターゲットを選択し、移行をアクティブ化します。
    4. Cloudiwayは、ターゲットオブジェクト(Office 365グループ、MS Teams、または共有メールボックス)とメンバーシップを作成します。
    5. Cloudiwayはターゲットコンテンツを作成します。

2. セキュリティ

セキュリティに関する詳細は、こちらの記事をご参照ください。

3. パフォーマンス

移行のパフォーマンスに関する詳細は、こちらの記事をご参照ください

4. Group(グループ)移行の範囲

4.1. 移行できるアイテム

Googleグループから移行する場合、次のすべてのアイテムを移行できます。

    • 以下を含む会話コンテンツ:
      • 回答
      • 添付ファイル
      • メタデータ(作成者、作成日)
    • グループメンバーシップ
    • メンバーシップの役割
    • ターゲットO365グループまたはチームがプロビジョニングされます

移行中に、Cloudiwayはターゲットオブジェクト(Office 365グループ、MS Teams、または共有メールボックス)を作成し、既存のメンバーとその役割を自動的に追加します。

4.2. 移行に関する考慮事項

Googleグループの一部のコンテンツは移行できません。

    • 投稿に埋め込まれたGoogleファイルとフォルダ。
    • マネージャーの役​​割(Office 365には同等のものはありません)。
    • タグ/カテゴリ(Office 365には同等のものはありません)。
    • 評価と解決ステータス(Office 365では同等のものはありません)。
    • ウェルカムページ(Office 365には同等のものはありません)。
    • 固定されたトピックは移行されますが、固定されません(Office 365では同等のものはありません)。
    • アナウンスとディスカッションは、単純な会話として移行されます(Office 365では同等のものはありません)。

添付ファイルと埋め込みファイルを区別することが重要です。ファイルがGoogleグループのコンテンツに添付されると、ファイルが移行されます。ただし、埋め込みファイルとフォルダは、Googleグループの移行中には移行されません。その結果、移行が完了した後も、それらのリンクは引き続き機能します。 Googleドライブファイルを個別に移行することを選択した場合、移行されたグループ内の埋め込みファイルは、ターゲットではなくソースから引き続きアクセスされることに注意してください。

Cloudiwayプラットフォームは、GoogleグループへのアクセスにGoogle APIを使用しません。移行を実行するには、移行中に使用する新しいGoogleユーザーを作成し、移行する各ソースGoogleグループへの管理者権限を手動で付与する必要があります。

ユーザーのいずれかがグループを作成した場合は、マネージャーの権限を持つ新しいGoogleユーザーもグループに追加する必要があります。したがって、この新しいユーザーが追加されない限り、ユーザーが作成したグループは移行できないことをユーザーに通知することが重要です。

デルタパスをグループ移行で使用して、すべてのバッチ移行が確実に完了するようにすることができます。 Cloudiwayプラットフォームは、移行中にソースグループのURLを一意のIDとして使用します。これにより、グループが1回だけ移行されます。ただし、これは、すでに移行されているグループの新しい応答が移行されないことも意味します。デルタパスは、新しいトピックをピックアップしてターゲットにプッシュするだけです。すでに移行されたトピックに関する新しい返信は、デルタパス中にプッシュされません。

4.3 対象者

このガイドは、リモートシステムに接続し、さまざまな管理ツールを使用することのできる、経験豊富なシステム管理者を対象としています。

当社では自社製品のサポートは提供していますが、PowerShellや、GoogleまたはExchangeのサーバー管理といった、サードパーティ製品のサポートは提供しておりません。

これらの手順を完了するのが困難なのではと不安な方は、当社のコンサルティングチームによるコンサルティングサービス付きソリューションをご検討ください。専門家との相談により、迅速で費用効果が高く、ストレスフリーな移行を確立することができます。

5. 移行前の構成

5.1. 始める前に

開始する前に、次の表に概説されている詳細があることを確認する必要があります。

名前

説明

位置

Cloudiway ログイン

詳細を保存し、すでに使用しているシステム間の通信を提供します

https://portal.cloudiway.com

ヘルプセンター

当社の広範なヘルプセンターには、ビデオ、トラブルシューティングツール、サンプルなどがあり、いつでもアクセスできます。

https://help.cloudiway.com

グループ管理権を持つGoogleアカウント

この標準のGoogleアカウントには、移行する各Googleグループに対するグループ管理権限が必要です。 このようにして、グループはgroups.google.comの下にリストされ、Cloudiwayはそれらをプラットフォームにプルできるようになります。 また、移行を機能させるには、デフォルトの言語を英語に設定する必要があります。

特に移行用の移行アカウントを作成することをお勧めします。 すべての移行が完了したら、このアカウントを削除するだけです。

Exchange管理者権限、AzureActiveDirectoryアプリケーションおよび関連するアクセス許可を持つOffice365アカウント。

セキュリティグループを作成し、メンバーシップを管理するために使用されます。 これは、テナントの管理者アカウントである必要はありません。 ただし、権限を移行する場合は、管理者アカウントである必要があります。 アカウントは、SSOをバイパスし、user @ Tenant.onmicrosoft.comの形式のユーザー名/パスワードクレデンシャルを使用して認証できる必要があります(パスワードは無期限に設定されています)。

特に移行用の移行アカウントを作成することをお勧めします。 すべての移行が完了したら、このアカウントを削除するだけです。 アカウントをまだお持ちでない場合は、以下の手順でアカウントを設定できます。

Office365移行アカウントでMFAを無効にします(ガイド:https://help.cloudiway.com/article/deactivate-mfa-on-your-office365-migration-account/)。

5.2. ソースの前提条件
5.2.1. Google Workspace —マネージャーアクセス権を持つ移行アカウントを設定します

Cloudiwayプラットフォームが各Googleグループに接続するには、各グループへのマネージャーアクセスが許可されている標準のユーザーアカウントが使用されます。ユーザーの資格情報をCloudiwayプラットフォームに追加する必要があるため、特に移行用に新しいGoogle Workspaceユーザーを作成し、移行が完了したらユーザーを削除することをお勧めします。

  1. Google Workspace管理エリアで、新しい標準ユーザー(groupmigration@yourcompany.comなど)を作成し、デフォルトの言語が英語に設定されていることを確認します。
  2. 移行する各Googleグループで、新しいユーザーマネージャーアクセスを許可します(グループで、右側の[Manage]、左側のリストから[Roles]、[Manager]の順にクリックし、移行ユーザーを追加します)。
  3. 管理者アカウントでログインするときに、グループがgoogle.comの下に表示されていることを確認します。
  4. エンドユーザーのいずれかが独自のグループを作成した可能性がある場合は、今後の移行について通知し、マネージャーの役​​割が割り当てられたグループに移行ユーザーを追加するように依頼します。
  5. ユーザー名とパスワードをメモします。まもなくCloudiwayプラットフォームで使用されます。
5.2.2. Googleフィード

また、ネイティブのGoogleグループドキュメントには、GoogleグループAPIを使用してアクセスします。 したがって、ソーステナントにこれらのAPIを使用するには、権限(Googleフィード)を付与する必要があります。

この記事では、Googleフィードを追加する方法について説明します。

GoogleWorkspaceコネクタの構成

5.3. ターゲットの前提条件
5.3.1. Office365サービスアカウント

移行を実行するには、Office 365アカウント(サービスアカウント)を作成することをお勧めします。このアカウントは、移行が完了すると削除できます。 この移行アカウントは、ターゲットのMicrosoft 365グループメールボックスまたは共有メールボックスにアクセスするために使用され、Office365コネクタで提供する必要があります。 有効なExchangeライセンスが必要であり、多要素認証(MFA)とSSO(ADFS)をオフにして構成する必要があります。 Office365移行アカウントでMFAを非アクティブ化するには(ガイド:https://help.cloudiway.com/article/deactivate-mfa-on-your-office365-migration-account/)。

5.3.2. Azure Active Directory アプリケーション

Graph APIs呼び出しは、特定の権限が付与されたAzure Active Directoryアプリケーションを介して実行されます。

Azure Active Directoryアプリケーションは手動で作成してもよいですし、プラットフォームで作成させることもできます

Azure Active Directoryアプリケーションと関連するアクセス許可(Exchangeフルアクセスアクセス許可)を作成する方法を参照してください。

5.4. 権限マッピングテーブルをインポートまたは作成します

Googleグループに登録しているユーザーのリストのアクセス権を移行するには、ユーザーのマッピングテーブルを定義する必要があります。 マッピングテーブルは、メンバーシップを移行し、ターゲットに空のグループを作成する前処理(次の章のプロセス)を実行するときに使用されます。

同じCloudiwayプロジェクトを使用してメールボックスまたはファイルを既に移行している場合、ユーザーはすでに[Mapping table]メニューに追加されています。

メール移行またはファイル移行領域から移行するユーザーを作成すると、マッピングテーブルエントリがリストに自動的に追加されます。

マッピングエントリを手動で追加することも、CSVファイルを介してインポートすることもできます。

このページに示されている手順の手順に従ってください。

マッピングテーブルは何に使用されますか?

6. Cloudiwayプラットフォームを使用してグループを移行します

6.1. GoogleグループのソースコネクタとOffice365ターゲットコネクタを作成します

Cloudiwayがグループを移行するには、ソースドメインとターゲットドメインの両方と通信できる必要があります。 これを行うために、Cloudiwayはapps.cloudiway.comで構成されているコネクタを使用します。 移行するソーステナントごと、およびターゲットテナントごとにコネクタを設定する必要があります。 このページの手順に従って、コネクタを構成します。

コネクタの作成ガイド

GoogleWorkspaceコネクタの構成

Office365コネクタの構成

注:偽装権限を持つ各アカウントは、最大100のグループに同時にアクセスできます。 したがって、デフォルトでは、各Cloudiwayコネクタは100人の同時ユーザーを移行できます。 移行を高速化する場合は、Cloudiwayプラットフォームに追加のOffice 365ターゲットコネクタを設定し、さまざまなアカウントをそれぞれへの管理者アクセスに関連付ける必要があります。

6.2. グループをCloudiwayプラットフォームにインポートします
6.2.1. [Get List]コマンドを使用してグループをインポートする(オプション1)

Cloudiwayプラットフォームは、すべてのグループのリストを返すGet Listと呼ばれるツールを提供します。 移行するグループの全体像を提供します。 エンジンは、groups.google.comの下にリストされているグループのリストのみをプルします。

したがって、このツールは、エンドユーザーと合意した期限の後、グループの移行前に実行する必要があります。 出力は、デフォルトのグループ移行リストとして使用されます。 これは、他の手順が必要ないため、移行するグループを一覧表示するための最も簡単で推奨される方法です。

  1. cloudiway.comのSites/Groupsエリアにいることを確認し、Group Listに移動しますGroups List
  2. 下部にある[MIGRATION]メニューをクリックして、[Get List]を選択します
  1. ドロップダウンリストからGoogleソースプールを選択し、次のドロップダウンから[Group Google Group Get List]を選択して、[Get]ボタンをクリックします。Get List Google Group

ツールはすべてのグループのリストを返します。 リストがリスト領域に表示されます。 このリストから、移行前に移行する予定の内容を確認したり、ターゲットURLを編集したり、ターゲットの受信者を変更したり、移行する必要のないグループを削除したりできます。

自分のレコード用に結果をCSV形式でダウンロードしたり、編集を変更したりして、移行するグループの最終リストとして、更新されたCSVファイルをCloudiwayプラットフォームにアップロードすることもできます。

:CSVファイルに新しいエントリを追加することはできません。それらはCloudiwayプラットフォームにすでに存在している必要があります。 新しいGoogle Groupを追加する必要がある場合は、[Get List]コマンドを再実行するか(既存のリストに新しく利用可能なグループを追加します)、以下の手順を使用してサイトを手動で追加します。

6.2.2. Cloudiwayに手動でGoogleグループを追加する(オプション2)

CloudiwayプラットフォームのリストにGoogleグループの詳細を手動で追加できます。 URLが長いため、Get Listコマンドを再実行できない場合にのみこのオプションを使用することをお勧めします。

特にその目的のために設定したテストグループで移行をテストすることをお勧めします。 この場合、Get Listを使用するよりも、グループを手動で追加する方が望ましい場合があります。

  1. 追加するGoogleグループにアクセスし、少なくともマネージャーアクセスでログインしていることを確認します
  2. 左側で、下にスクロールして[Group settings]、[General]の順にクリックしますGoogle Groups
  3. グループのメールアドレスをメモします。 URLはhttps://groups.google.com/g/groupメールプレフィックスです。上記の場合:https://groups.google.com/g/CupcakesForum
  4. Cloudiwayプラットフォームで、[Sites/Groups]メニューの[Group List]に移動します
  5. [MANAGE]をクリックし、[Create]を選択して、次の画面を表示します。Create Group
  1. Googleグループの詳細からのメールアドレスとURLを使用して、移行するグループのすべての詳細を入力します
  2. [Create]ボタンをクリックします。 新しいグループが[グループリスト]画面に追加されます。
  3. 手動で追加するグループについて、手順1〜7を繰り返します。
6.2.3. グループCSVをアップロードする(オプション3)

すべてのグループのCSVファイルがある場合は、そのファイルをCloudiwayにアップロードできます。 詳細な手順は、このページにあります:

ユーザー/グループのCSVファイルをアップロードする方法は?

複数のアップロードを実行する場合、すでにアップロードされているデータが次のアップロードによって上書きされることはありません。 したがって、重複が発生する可能性があります。

アップロードされたデータを編集する場合は、[Group List]から[Group]をクリックして、編集可能なフィールドのリストを表示します。

6.3. グループ監査の実施(オプション)

監査はオプションで、純粋に情報として提供されます。Cloudiwayのライセンスが消費されます。ソースGoogleグループにあるファイルやフォルダの数を確認したい場合を除き、実行する必要はありません。

Googleグループを監査するには、Group Listでグループを選択し、[Audit]、[MIGRATION]をクリックします。Google Groups Audit

この機能は、トピック数と最終アクセス日時を返します。Google Groups Result

6.4. ターゲットプールの割り当て

前処理を開始する前に、ターゲットプールを割り当てる必要があります。

移行するグループを選択し、[MANAGE]に移動して、[Assign Target]をクリックします。Assign Target

ターゲットプールを選択します。Choose target pool

6.5. ターゲット受信者タイプ

共有メールボックス、グループ(Unified Group)、またはMicrosoft Teamsのいずれかに移行できます。 グループをクリックしてから[Edit Group]タブをクリックすると、ターゲットの受信者タイプを手動で変更できます。

[Target Recipient Type]ドロップダウンをクリックします。Target Recipient Type

:複数のグループのターゲット受信者タイプを変更するには、グループを確認し、[MANAGE]、[Change Target Recipient]の順に移動します。

6.6. 前処理

前処理ツールは、共有メールボックス、グループ、またはteamがまだ存在しない場合は、ターゲットに作成します。 エンジンは、割り当てられたターゲットコネクタで提供されるドメインを使用します。 たとえば、電子メールアドレスを使用してターゲットグループを作成します(Cupcakes@targetdomain.com – targetdomain.comは、ターゲットコネクタで提供されるドメインです)。Unified Group

pre-processingツールは具体的に何を行うのでしょうか?

ターゲットでは:

    • 共有メールボックス、グループ、またはチームを作成します。
    • 権限を移行します。

グループを前処理するには、[Group List]でグループを選択し、[MIGRATION]、[Pre-Processing]をクリックします。

これで、Googleグループを移行する準備が整いました。

6.7. 移行をアクティブ化して監視する

これでテナント内とCloudiway内ですべての移行前の手順が実行されましたので、移行の準備が整ったことになります。まずシングルグループでテスト移行を実行して、この構成により期待どおりの結果が得られたことをご確認になることをお勧めします。

移行を開始するには、移行するグループまたはバッチを選択し、[MIGRATION]メニューの[Start]ボタンをクリックします。 バッチはスケジュールされ、リソースが利用可能になり次第開始されます。 デフォルトでは、100の移行を同時に実行できます。

7. トラブルシューティング

Cloudiwayは、ナレッジベースとも呼ばれる広範なヘルプセンターを提供しており、一般的なエラーメッセージ、ガイド、ダウンロードなど、多くのリソースを提供しています。

ヘルプセンターにアクセスする(キーワードを検索したり、トピックに目を通すことができます)には、こちらをご訪問ください:https://help.cloudiway.com/

また、ヘルプセンターでは、サポートが必要になった場合のサポートの依頼方法に関する情報も含まれています。

 

 

更新日:2022/05/11