コネクタを作成するガイド

 

概要

Cloudiwayでは、異なるシステムを接続するための情報(クレデンシャル、URLなど)をコネクタに格納しています。セキュリティ面では、クレデンシャルはAES256で暗号化されています。

 

1. マルチコネクタ (Pool)

ほとんどのコラボレーション・システムには、リソースを過剰に消費しないようにするためのスロットリング・メカニズムが備わっています。そのため、同時移行数を制限することで、移行パフォーマンスに影響を与えます。

これらの制約を回避するために、Cloudiwayは複数のコネクタを並行して使用することができます。

やるべきことは、同じタイプの異なるコネクタを作成し、プールに格納することです。Cloudiwayは自動的にプールのコネクタを使い、パフォーマンスを最大化します。

例えば、移行用アカウントがスロットルされた場合、Cloudiwayは自動的に他のコネクタに切り替えます。

ほとんどの場合、コネクタは1つで十分です。プールごとに複数のコネクタを使用するのは、Cloudiwayが推奨する場合のみにしてください。

プールを管理する必要がないように、デフォルトでは、最初のコネクタはデフォルトのソースプールに自動的に割り当てられ、最初のターゲットコネクタはデフォルトのターゲットプールに割り当てられます2 つ目のコネクタを作成すると、プールを管理するオプションが表示されます(ここでプールの作成と削除が可能です)。

注:プールには、同じテナントの資格情報を持つコネクタのみを含めることができます。移行を開始すると、プラットフォームはプール内の利用可能なコネクタを自動的にピックアップします。

2. コネクタを作成する

プロジェクトに入ったら、「Connectors」をクリックします。

NEW」をクリックします。

コネクタタイプを選択する。

名前を設定します。

NEXT」をクリックします。

Product(s)」を選択します。

ソースコネクタ「Source」かターゲットコネクタ「Target」かを設定します。

NEXT」をクリックします。

3. 構成「Configuration

移行または共存のシナリオに応じて、コネクタのセットアップを続行します。

メール(Office 365 、Gmail、Exchange、Zimbra、IMAP)、ファイル(OneDrive、Googleドライブ、Box、DropBox、Azure Blob Storage)、サイト(SharePointとGoogleサイト)、グループ(Microsoft Teams&Groups、Google Groups、Slack) )::

GalSyncとFreeBusyの共存シナリオの場合は、引き続きコネクタを設定します。

 

 

更新日:2022/05/11